ニュース
» 2017年01月05日 21時00分 UPDATE

ケーブルに縛られないVRが実現へ VR HMDを無線化するアダプターを仏企業が開発中

Oculus RiftとHTC Viveに完全対応。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を無線化するワイヤレスアダプター「KwikVR」を、フランス企業のScalable Graphicsが開発しています。完成すれば、所作をケーブルに制限されない、より没入感のあるVR体験ができそうです。


公式サイト 公式サイト

 HMDとHDMIで接続し、コンテンツ情報をWi-Fi経由でPCと送受信できるユニット。重さは1ポンド程度(約450グラム)で、腰などにさげてじゃまにならないように使えます。


装着イメージ HMDに接続するだけで、PCとの接続を無線化。内蔵バッテリーで4時間連続駆動する

 代表的なHMDであるOculus RiftとHTC Viveに完全対応し、各プラットフォーム本来の解像度と周波数で動作。両者ともに本来は有線式で、ケーブルに操作を阻害されることがありましたが、KwikVRの併用でより快適に扱えそうです。

 無線周波数は5GHz帯を採用。無線接続となると、操作と画面表示にズレ(遅延)が発生することが心配になるところですが、遅延は12ミリ秒以下をうたっており、スペック通りであれば知覚できないレベルといえます。


スペック 小型軽量、低遅延をアピール

 1月5日〜8日開催のCES 2017に出展中。YouTubeでも、プロトタイプの実演デモが公開されています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう