ニュース
» 2017年01月06日 15時40分 UPDATE

パカっとかわいい パナソニックがたまご型卓上ロボットを発表

遠隔教育に活用される日も近いかも?

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 パナソニックの北米法人・パナソニックコーポレーションオブノースアメリカは1月4日、プロジェクターを搭載したたまご型の卓上ロボット「Desktop Companion Robot」を発表しました。

パナソニックがたまご型卓上ロボットを発表パナソニックがたまご型卓上ロボットを発表 パカッ

 特徴はなんといってもたまごのように丸いボディー。頭の部分がパカっと開くと、内部からにょきっとプロジェクターが登場。頭は独自のサーボ制御技術によって人間のように愛らしく動きます。

パナソニックがたまご型卓上ロボットを発表 ちょっとR2D2っぽいです

 また、Wi-Fiを通して自然言語処理技術にアクセスすることで、自然に会話をする機能も搭載。子どもの声でフレンドリーに話しかけてくれるので、プロジェクターと連動させることで遠隔教育への活用にも期待がかかります。

パナソニックがたまご型卓上ロボットを発表 プロジェクターで資料を投影

パナソニックがたまご型卓上ロボットを発表 タイヤでスイスイ走ります

 本体重量は3.7kg。最大直径は290mmで高さは485mmと、大きさは家庭用ミキサー程度。一度の充電で6時間稼働することができ、足元にはタイヤが付いているため、最高時速3.5kmで走行することもできます。試作機はラスベガスで開催中の家電見本市「CES2017」でお披露目されます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう