ニュース
» 2017年01月06日 15時58分 UPDATE

両脇からサブモニターがニョキッ ノートPCなのに4K×3画面のモンスターマシン登場

バットマンがこんな感じの持ってたわ……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 過剰にハイスペックなノートPC開発で知られるRazerが、世界初となる3画面搭載のモンスターマシン「Project Valerie」をCES 2017に出展しました。念のため繰り返しますが、ノートPCなのに3画面です。しかも各画面が4K対応。


本体画像 なんじゃあこりゃあ!(ほめ言葉)

 ノートPCとしては豪華すぎる画面の構造は、デモ動画を見れば分かります。本体を開くと、メインモニター両脇のスリットから、サブモニターがニョキッと出現。これらは高耐久のアルミヒンジが保持し、数秒で自動的に位置を調整されるとのこと。「バットマン」やら「女神転生」やらでこんなの見たよ?



展開 ニュッ

展開 ググッ

展開 ジャジャーン!

 展開後は17.3インチの画面が3枚のマルチモニター環境になります。GPUにはNVIDIAのハイエンドモデル「GTX 1080」を採用しており、11520×2160ピクセルという無意味なほどの(公式にそう書いてある)表示解像度をサポート。FPSなどを広い視野で遊べる……と一瞬思いましたが、ノートPCゆえに画面が近すぎて困る気もします。それでも、リッチな環境をコンパクトに実現できることに意味があるのでしょう。


プレイ中 デモでは「タイタンフォール2」をプレイ。表示領域が広い反面、見渡すのが大変そう


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう