ニュース
» 2017年01月06日 17時29分 UPDATE

トヨタ、人間の感情などを認識するAI搭載車両を発表 ドライバーの好みに合わせて会話する機能も

数年以内に、実験車両が国内で走行する予定。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 トヨタ自動車が最新の人工知能技術を搭載し、人間の感情や好みなどを理解するコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を発表しました。


画像

 人工知能により人間の嗜好に加え、感情、覚醒度などを認識する機能を搭載。照明や香り、音楽を使ってドライバーの交感神経、副交感神経を刺激し、安全運転できる状態を維持してくれます。人間と双方向で会話することも可能で、ドライバーの好みに合った話題を出したり、楽しめるルートを提案したりすることができます。また、ドライバーが運転に不安を感じたときなどに自動運転モードに移行する機能も。

 車内は白を基調とした色合いになっており、ハンドルはやや変わった四角い形状。外観は凹凸の少ない流線型のような見た目で、天井部分まで窓が広がるいかにも近未来風なデザインになっています。米国で開催中の展示会「2017 International CES」に出展されており、数年以内に実験車両の走行を日本国内で行う予定です。


画像 後輪は外装に覆われています


画像 窓が広く、頭上の空を見ることもできそう


画像 内装


画像画像 現在、一般的な自動車とはかなり異なるデザインです

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう