ニュース
» 2017年01月07日 17時00分 UPDATE

初詣の「ベビーカー自粛」騒動を振り返り、寺の住職が事情を説明 「差別的な意図は一切無い」

混雑が予想される場所でのベビーカー利用の是非から差別、少子化問題などに議論が広がった。

[ねとらぼ]
ベビーカー自粛

 「ベビーカーご利用自粛のお願い」――東京都板橋区にある乗蓮寺が大みそかと正月三が日に掲出した看板をめぐり、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて初詣に参拝することの是非について話題となった。乗蓮寺の住職・若林隆壽さんに事情を聞いた。

 事の発端はある参拝客による「何の落ち度もない単に小さい子供を連れたママさんが初詣に来て、これを見て嫌な気持ちになると想像できないだろうか。なら松葉杖の人も、車椅子の人も足の悪い高齢者も、視覚障害者も全部遠慮しろと?」というツイート。看板の写真とともに投稿されたツイートは、またたく間に拡散され、ネットでは著名人らも巻き込んで差別や少子化問題にまで議論が広がった。

 乗蓮寺は2年前まではベビーカー優先の誘導を行っていたが、なぜ「ベビーカーご利用自粛のお願い」することになってしまったのか。住職による看板設置に至った経緯を掲載する。以下、住職のコメント。


 同上掲示についてツイッター上で私どもの予期せぬ「ベビーカー論争」の形で議論がなされていることは承知しております。以下、掲示に至った当寺の個別の事情をいくつかお話しさせていただきます。

 古くは昭和31年の「彌彦神社事件」、近年では平成13年の「明石花火大会歩道橋事故」に代表されるように、「群衆事故」は往復の流れがぶつかることや、下りに階段を利用すること、「ボトルネック」といわれる出口が急に狭くなる現象などによって発生します。その発生を防ぐためには、

1:人の流れを一方通行にすること、

2:階段は上り専用に利用すること、

3:出口をスムーズに流すこと、

等が求められます。私どもは中世の豪族・千葉氏の山城「赤塚城二の丸跡」にあり、正門から境内までは57段の階段を上らなくてはなりませんので、この「事故防止の原則」に従って大みそかから三が日に限り、この1〜3の対策を取らせていただいております。

 この期間には4万人程のご参拝があり、時間帯によっては境内は身動きできないほどになることもあります。また、参拝をお待ちになる行列が、松月院前の信号付近まで数百メートル近く延び、最後尾からご本堂まで1時間以上かかってしまうこともあります。

 実は、私どもも2年ほど前までは、ベビーカーをスロープのある南門から、ご指摘のように「ガードマンの誘導」で優先的にお入り頂いておりました(車イスの方は現在も同様に対応させていただいております)。

 ところが、まことに残念なことですが、「ベビーカーを押してさえいれば優先的に参拝できる」というウワサが広まってしまい、明らかにベビーカーを必要としない小学校の中高学年と見えるようなお子さんを、門に入るところまで無理やりベビーカーに乗せて入ったところに降ろし、その子は一方通行を逆走して駆け出し、参詣者の流れを遮る、しかも、その一台のベビーカーに大人が何人も同行するという想定外の事態が続出し、長く並ばれた方との間で「割り込みだ」「ズルだ」などの口論に発展したことがございました。

 そこで、公平に期すために「ベビーカーを押す方お一人だけ入門可」としたところ、家族を待つためにベビーカーが境内に滞留し、お酒を召しておられたと思われるお年寄りが、雑踏の中で車輪に足をとられ転び、ベビーカーも倒れてしまうという事故が発生してしまいました。

 このため、当面の事故防止、トラブル回避のため、「最善の策」ではないかもしれませんが、やむなく最も混雑する大みそかから正月三が日という期間に限って、平成27年の大みそかから前記の看板の設置に至りました。

 ただし、階段を重いベビーカーを持ったまま上がることを避けるために、ベビーカー専用の駐輪場を境内入り口駐車場の中に設置をいたしましたし、期間中はそこにガードマンを配備して対応させていただいておりました。

 所轄の高島平警察署の支援、ご指導を受けながら、今年度は雑踏警備、安全確保のため期間中連日36人のガードマンを配置しましたが、近年イオンなどの大規模商業施設などとの奪い合いで、年末年始はガードマンの確保が年々難しくなっている中、これ以上の人員増加は困難なのが実情です。

 また、「渋滞学」的な見地からも、安全確保のため境内の一方通行を取りやめることはできませんし、ベビーカー専用の通行帯を設けることも立地上不可能だと思われます。しかし、今回さまざまな議論があることを知りましたので、真摯に受け止め、警察署や警備会社とも協議しながら、「看板の文言」も含め、期間中のベビーカー用駐車場の設置など、皆さまに気持ちよく、安全に事故なくご参拝いただけるよう努めてまいりたいと存じます。

 従って今回の看板について、差別的な意図は一切無く、「安全第一」「事故のないように」ということを第一義に考えてのことであったことをご理解頂ければ幸いです。


 住職によれば、ツイッターの投稿主とも書簡で事情を説明する機会があり、建設的な提案もいただいたとのこと。件の看板は既に3日の段階で取り外されているという。

ベビーカー自粛 乗蓮寺は東京大仏で有名(画像は板橋区Webサイトより)

関連キーワード

赤ちゃん | 事故 | 自粛 | 障がい者 | 安全 | 初詣


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー