ニュース
» 2017年01月10日 13時20分 UPDATE

岐阜の市町村が「アニメ聖地おもてなし連合」結成へ 広域の連携で聖地巡礼を促す

「君の名は。」の飛騨市、「聲の形」の大垣市、「ルドルフとイッパイアッテナ」の岐阜市など、岐阜の聖地で結束!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 岐阜県内の市町村が広域で連携しながらアニメ・漫画の「聖地巡礼」を楽しんでもらおうとする組織「(仮称)ぎふアニメ聖地おもてなし連合」を設立します。飛騨市と岐阜市、大垣市が発起人で、県内の市町村に参加を呼びかけ、2月上旬に設立総会を開催する予定です。

岐阜県 聖地巡礼 連合 飛騨市が作った「君の名は。」の舞台探訪マップ

 飛騨市は「君の名は。」、岐阜市は「ルドルフとイッパイアッテナ」、大垣市は「聲の形」と、それぞれ昨年公開されたアニメ映画の舞台として多くの観光客を集めました。ほか「氷菓」「のうりん」「ひぐらしのなく頃に」「僕らはみんな河合荘」などさまざまな作品が県内各地をモデルとしています。

岐阜県 聖地巡礼 連合 大垣市による「聲の形」をモチーフにした婚姻届

 3市では聖地巡礼を一過性のブームで終わらせないためにも、作品にゆかりのある市町村が広域で連携する必要があると考え、事務局レベルで「(仮称)ぎふアニメ聖地おもてなし連合」の話を進めてきました。またリオ五輪閉会式で「安倍マリオ」が話題になるなど海外における日本のカルチャーの評価の高さや、SNSにおける漫画・アニメファンのネットワークが強さも、企画の背景にあるといいます。

 連合では各首長で集まって勉強会を開き、大学教授など専門家を招きながら、ファンの新たな受け入れ方を探していく予定。県内広域で観光客に周遊してもらう方法や、聖地の情報を各自治体ではなく岐阜県全体で発信する公式サイトを作ることなどを検討しています。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー