ニュース
» 2017年01月10日 15時56分 UPDATE

米カリフォルニア州、車が下を通れる「トンネルツリー」が暴風雨で倒壊 樹齢は1000年超とも

1880年代から多くの観光客が穴を通行していました。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 アメリカ・カリフォルニア州サクラメントの「カラベラスビッグツリーズ州立公園」で、車が下を通り抜けられる「トンネルツリー」の愛称で親しまれた「パイオニアキャビンツリー」が1月8日の暴風雨により倒壊したことを、同園が発表しました。公式サイトには木が根元から倒れ、バラバラになった写真が公開されています。

トンネルツリーこと「パイオニアキャビンツリー」 車が下を通れる“トンネルツリー”こと「パイオニアキャビンツリー」(画像はカリフォルニア州立公園の公式Facebookから)
1月8日、暴風により倒壊 1月8日暴風雨により倒壊 バラバラの姿に……(画像はカリフォルニア州立公園の公式Facebookから)

 「パイオニアキャビンツリー」は、高さ約100フィート(30.48メートル)、直径約22フィート(6.7メートル)のセコイアの大樹。報道によれば樹齢は1000年超とも。1800年代の落雷で根元が抉られ側面に穴が開き、1881年に穴が四角く拡大され多くの観光客がその下を通ることに。1920年代には車も通行するようになり、これまで多くの人に親しまれてきました。

 カラベラスビッグツリーズ州立公園は、これらのセコイアの樹木森を守るため1931年に設立。「パイオニアキャビンツリー」は老朽化が懸念されていましたが、そこに暴風雨が加わったことで倒壊に至ったもよう。なお、倒壊によるけが人はいなかったと発表されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう