ニュース
» 2017年01月11日 11時10分 UPDATE

「龍角散のど飴」がドーピング指定? 事実誤認によりデマが広がる

「龍角散のど飴」はなめて大丈夫です。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 1月1日よりドーピングに関する禁止表国際基準が変更となり、スポーツ選手は「南天」を含むのど飴の服用ができなくなりました。ところが、「南天」を一切含まない「龍角散のど飴」がドーピング指定されたとするデマが拡散中です。

「龍角散のど飴」がドーピング指定? 事実誤認によりデマが広がる 禁止物質は含まれていません(画像は龍角散公式Webサイトより

 日本卓球協会ドーピングコントロール委員会は昨年(2016年)12月28日、1月1日より新たにドーピング扱いに指定される禁止物質に関して注意喚起のための情報発信を行いました。これによると、「ヒゲナミン」が含まれる「南天」入りののど飴は使用禁止に。ところがこの情報を見て、「龍角散のど飴」に南天が含まれると勘違いしてしまった人がSNSに投稿。誤情報は瞬く間に広がり、大手まとめブログなどでも記事化される事態に。

 ヒゲナミンは南天以外ではゴシュユ(呉茱萸)、ブシ(附子)、 サイシン(細辛)、チョウジ(丁子)にも含まれますが、「龍角散のど飴」の成分にこれらはどれも入っていません。

「龍角散のど飴」がドーピング指定? 事実誤認によりデマが広がる 細かい成分を見ても、やはりヒゲナミンは含まれていません(画像は龍角散公式Webサイトより

 龍角散はねとらぼの取材に対し、「龍角散のど飴」にはヒゲナミンは一切含まれていないためドーピングには当たらず、また、「龍角散が販売するのど飴製品にヒゲナミンを含むものは1つもない」とコメントしています。

 なお、「浅田飴」はエフェドリン(麻黄)という禁止物質を含むため、以前から選手の服用は不可となっていました。


【追記1】13時15分

 龍角散が公式に“「ヒゲナミン」は一切含まれていない”とするリリースを出しました。


【追記2】17時06分

 当初記事内で「龍角散が販売する製品にヒゲナミンを含むものは1つもない」と記載していましたが、龍角散から「『龍角散朝夕鼻炎カプセル』にだけ含まれていたことが分かった」と連絡があったため、表現を修正しました。

 

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう