ニュース
» 2017年01月11日 17時41分 UPDATE

大井川鐵道井川線、922日ぶりに全線開通 3月から平常運転

土砂崩れのため折り返し運転を行っていました。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 大井川鐵道井川線(静岡県)が3月11日に、2014年に発生した土砂崩れから復旧し、全線開通します。復旧を記念し、3月11日と12日、18日に記念イベントを開催予定です。


井川線開通 井川線は急勾配を上るアプト式区間があることで有名

 大井川鐵道井川線は、2014年の土砂崩れで接岨峡温泉駅〜井川駅間が不通に。復旧作業は、二次災害も想定されたことから慎重に慎重を重ねてのものだったとのことです。同線は通常の車輪のほかに歯車をかみ合わせるように動く「アプト式」の区間があることで有名で鉄道ファンからの人気も高く、復旧が待ち望まれていました。


井川線開通 奥大井湖上駅と井川線を撮影したもの。現地での眺めも良好です

 この全線開通にあわせ、千頭駅をメイン会場とした「SLフェスタin千頭」が3月11日と12日に行われるほか、3月18日には「全線開通記念式典」も行われます。また全線開通初日、3月11日は千頭駅発井川駅行きが最初の運行とのこと。大井川鐵道ファンには見逃せない日となりそうです。


(今藤祐馬)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう