ニュース
» 2017年01月12日 17時45分 UPDATE

おじいちゃんが17年愛したネトゲ「Asheron's Call」がサービス終了 孫に思い出を語った動画が切ない

自分の老後を想像すると、他人事とは思えない。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2016年12月21日、マイクロソフトの老舗MMORPG「Asheron's Call」(以下「AC」)が、サービスを終了すると発表されました。これを受けて、同作を約17年間プレイし続けたおじいさんが思い出を語る動画が、孫により投稿されています。切ないなあ……。

 ACは1999年にスタートし、ネットゲームの黎明(れいめい)期を支えた作品。続編の「AC2」とともに、2017年1月31日で全サービスが終了することとなりました。動画の投稿者のおじいさんは74歳。サービス開始ごろから今日に至るまでプレイを続けており、晩年を同作とともに過ごしてきたことになります。


プレイング 残り少ないプレイ期間を楽しむおじいちゃん。2画面で別々のキャラクターを操作しているように見えますが……相当なヘビープレイヤー?

 動画の説明文によると、おじいさんはコミュニティーへ密接に関わり、ゲーム内での結婚式や葬式に参加したこともあるとのこと。孫たちとも、同じサーバでよく一緒に遊んでいたようです。PK(プレイヤーキラー)用のサーバを訪れて追いはぎに遭い、全ての持ち物を失ったことも。そのときは怒りのあまり酒に酔い、翌日電話で孫にグチをこぼしたのだとか。

 投稿者はおじいさんがこよなく愛したゲームを失うことをいたく悲しみ、新しいゲームを見つけてあげたいと述べてます。コメント欄には具体的なMMORPGの提案が多数。なかには、ACと同年にリリースされた「エバークエスト」の初期バージョンがエミュレートで再現された前例を挙げ、勇気づけるようなコメントも見られました。

 ネットゲームに限らずSNSや掲示板などには、ネットだからこそ得られる人間関係というものがあります。それがサービス終了とともに突然断たれる可能性を想像すると、筆者には悲しく恐ろしく、他人事とは考えられません。おじいさんが生涯付き合えるサービスに、また巡り会えることを願います。


Asheron's Call Asheron's Call公式サイト


(沓澤真二)


関連キーワード

シニア | ゲーム | MMORPG | 動画 | サービス終了 | 老後


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう