ニュース
» 2017年01月13日 16時21分 UPDATE

土日は「今季最強寒波」がピークに 大雪・猛吹雪への警戒を

関東や近畿の北部でも大雪の可能性。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


今期最強寒波

 土日が今季最強寒波のピークに。日本海側を中心に大雪や猛吹雪に警戒を。太平洋側の平地でも積雪の可能性があり、局地的には大雪の恐れもあります。



土日 大雪・猛吹雪に警戒を

 今回の寒波のピークは土日です。北海道や東北には上空約5000メートルで氷点下42度以下の現在よりさらに強い寒気が、東日本には氷点下39度以下、西日本にも氷点下30度以下の強い寒気が流れ込むでしょう。数年に一度レベルの強烈な寒気で、広く冬の嵐となる見込みです。



各地の警戒期間

 上の図は大雪や猛吹雪に警戒が必要な期間、または普段雪に慣れない地域での積雪に注意が必要な期間です。

【北海道や東北、北陸】

 東北や北陸を中心にすでに大雪となっている所がありますが、日本海側を中心にさらに雪の量が増える恐れがあります。風も強まり、猛吹雪にも警戒が必要です。過去には大雪によって、国道で立ち往生が発生したこともあります。不要不急の外出は避けて、やむを得ず運転する場合は冬用タイヤやチェーン装着をなさって下さい。

【関東北部、長野県・岐阜県・近畿北部・山陰】

 今シーズン一番の大雪が予想されます。積雪や路面の凍結による交通機関への影響に警戒して下さい。また雪が電線に着雪し、停電が起こる可能性もあります。懐中電灯や暖をとるものを用意しておくと良いでしょう。

【東海(愛知県・三重県)・近畿中部・南部・山陽・四国】

 平地でも局地的に大雪となり、市街地でも積雪となる可能性があります。普段、雪に慣れない地域で積雪となる可能性がありますので、交通機関への影響に注意して下さい。

 この土日はセンター試験もありますが、受験生の方は時間に余裕をもった行動を心がけた方が良さそうです。



関連リンク


Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう