ニュース
» 2017年01月13日 19時20分 UPDATE

新種の「ルビーシードラゴン」、生きて泳ぐ姿が世界で初めて確認される

世界で3種類目のシードラゴン。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2015年に発見された新種の魚「ルビーシードラゴン」。その生きて泳ぐ姿がオーストラリアにて、世界で初めて観測されました。研究に寄与している西オーストラリア州立博物館のFaceBookで、動画が公開されています。


ルビーシードラゴン 世界初の映像!

 ルビーシードラゴンは、トゲウオ目ヨウジウオ科に属する、タツノオトシゴに似た魚。古くは1919年に採集されたものをはじめとする4体が、標本として存在していました。これが近年のDNA鑑定などを用いた調査から新種と判明。過去の採集場所から、オーストラリア近海の深い領域にせい息していると推測されていました。


標本 こちらは標本。名前に「ルビー」が冠されるほどの赤さがよく分かる

 研究チームは生きた状態の個体を探すべく、幾度もダイビングを敢行。50メートル強の深度で発見し、撮影に成功しました。このことはルビーシードラゴンが西オーストラリアに分布していることを示すとし、保護の準備を進めています。

 なお、これまで確認されていたシードラゴンの仲間は、ウィーディーシードラゴンとリーフィーシードラゴンの2種類のみ。ルビーシードラゴンは約150年ぶりに確認された3種類目となります。


ウィーディーシードラゴン ウィーディーシードラゴン

リーフィーシードラゴン リーフィーシードラゴン

※画像は西オーストラリア州立博物館のFaceBookより

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう