ニュース
» 2017年01月14日 09時00分 UPDATE

「Twitterの利用率は2割強」との調査 「簡単すぎて人を傷つける」懸念の声も

手軽な情報ツールとしての評価から、SNS疲れを訴える声まで、多様な意見が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 リサーチ企業のマイボイスコムが、Twitterの利用に関するインターネット調査の結果を発表。Twitterの利用率は全体の20%強と判明しました。


利用状況 登録・利用状況の結果。「登録しているが利用していない」層も10%弱存在します

 同社は毎年12月に同様のアンケートを実施。8回目となる今回は1万596件の回答を集めました。Twitterの登録・利用状況の集計結果は、「登録しており、閲覧・フォローだけでなく投稿や返信もしている」「登録しており、閲覧・フォローが中心」との回答が合わせて22.2ポイント。前年の20.3ポイントから若干の増加が見られます。

 利用意向においては、「利用したいと思う」「まあ利用したいと思う」がいずれも前年から微増し、合わせて20.2ポイントとなりました(前年比で+1.3)。


利用意向 利用意向の結果。登録・利用状況とともに、若年層の比率が高いとのこと

 主な利用目的は「最新情報、リアルタイムでの情報収集」「有名人・著名人などのつぶやきを閲覧する」で、それぞれ利用者の各40%弱に。ほかでは、ネットおよび現実の友人・知人とのコミュニケーションが目的との回答が、20〜30%と目立っています。


利用目的 情報収集とコミュニケーションが利用目的の大勢を占める

 「Twitterを利用したい理由、利用したくない理由」を問う質問には6811件の回答が寄せられ、多様な意見が集まりました。「利用したい」とするコメントでは、「返信の必要ない投げっぱなしの投稿が友人にできるから。そして返事をしなくてもいいし、既読なども付かない気軽さから」(39歳女性)、「拡散効果がある。幅広い情報を得られる。本名でなくても良い」(54歳女性)と、手軽なツールとしての評価がみられます。

 その一方で、「どちらともいえない」とする回答者からは、「フォロワーが増えるにつれて、何も考えずに投稿する訳にいかなくなって、重荷になって疎遠になってきている」(女性23歳)と、“SNS疲れ”をうったえる声がありました。

 「利用したくない」とするコメントには、「簡単に発言しやすいが、簡単すぎて人を傷つける発言をしていることを忘れてしまうから」(27歳女性)と負の面への指摘が。「誹謗中傷の道具に成り下がってつまらない。災害や事故の情報ぐらいの価値しかない」(63歳男性)と、辛らつな意見もありました。

 マイボイスコムのサイトでは、「Twitterへのアクセス頻度は1日1〜4回が33.6%と最多」「利用率は10代で80%弱、20代で5割強」といった細かいデータも掲載されています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー