ニュース
» 2017年01月14日 14時00分 UPDATE

大阪ネコビルを改装へ 保護猫カフェ「ネコリパブリック」がクラウドファンディング実施中

テーマは「楽しみながらネコ助け」。

[k村,ねとらぼ]

 保護猫カフェを運営する「ネコリパブリック」が心斎橋にある「大阪ネコビル」の改装プロジェクトを発表。実現に向けクラウドファンディングを開始しています。


保護猫カフェ 新しい家族との出会いの場になる保護猫カフェ

 ネコリパブリックは、2022年2月22日までに日本の行政による猫の殺処分ゼロを目標にしている団体。カフェは保護猫たちと気軽に触れ合えるため、猫の魅力発信地と里親探しの場となっており、現在全国で7店舗が運営されています。

 今回発表された改装プロジェクトの目玉は、同店の1階入り口に新たな保護猫スペースを作るというもの。愛嬌たっぷりな保護猫たちが道行く人を出迎える設計となっており、保護猫カフェの存在をPRし、気軽に保護猫カフェを訪れるきっかけになることを目指しています。


保護猫カフェ エントランスイメージ


保護猫カフェ 猫のくつろぎを最優先にかんがえたスペース

 現在は2階のみの猫グッズスペースを1階にも設けることで、初めての人でも雑貨屋さん感覚で入店できる店づくりに。


保護猫カフェ 猫グッズスペース


保護猫カフェ 猫部屋のメンバーは猫たちのパワーバランスを考えアレンジ

 1階エントランスには液晶モニターを設置。現在ネコリパブリックが運営している保護猫情報サイト「ネコリウェブ」で連載中の「保護猫ストーリー」を映像化して上映し、猫たちそれぞれのバックストーリーを伝えていきます。


保護猫カフェ 玄関右側に液晶を設置予定

保護猫カフェ 保護猫カフェがよりスタンダードな存在になることを目指す

 保護猫カフェをよりおしゃれで入りやすくすることで、保護猫たちの存在をより身近にし、譲渡率アップを目指した今回のクラウドファンディングプロジェクト。目標金額は333万円で、プロジェクト期間は1月31日22時22分までを予定しています。


保護猫カフェ 画像はクラウドファンディングkibidangoより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう