ニュース
» 2017年01月15日 15時20分 UPDATE

不審なドローンを強制着陸!? オーストラリアの会社が開発した「DroneGun」がすごい

近未来感ある。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]
ドローン

 オーストラリアやアメリカに拠点のある企業が、空中に浮かんでいる不審なドローンを強制的に着陸させる「DroneGun」を開発した。空港を含む重要な施設近辺の警備やテロ対策に利用できるとアピールしている。


 ドローンに照準を合わせてスイッチ押すだけで、ドローン本体とコントロール機の通信が阻害され、ドローンを強制的に着陸させるという仕組み。効果範囲は約2キロなので、かなりの範囲に対応できそう。停止されたドローンはゆっくり地面に落ちてくるため、後ほど回収し分析することができるとのこと。

ドローン 空を飛ぶドローン

ドローン 目標を確認してスイッチ

ドローン コントロール画面がおかしくなり……

ドローン ドローンが強制着陸へ

ドローン 「DroneGun」

 「DroneGun」は棒状の機材が取り付けられ、照準で狙いをつけるという形状。背中に背負ったバックパック型の電源につながっている。ゴテゴテしたデザインが、SFチックで近未来の武器っぽさがありグッとくるものがある。

ドローン

ドローン 開発企業であるDroneSheildのほかガジェット

 開発した企業は、この「DroneGun」以外にも、ドローンを探索する「Omnidirectional Sensor」など、さまざまなガジェットを製作している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう