ニュース
» 2017年01月16日 14時14分 UPDATE

フォロワー燃えたぁぁぁっ! 架空のSNS上で友達の炎上を食い止めるアプリ“炎上なう”が笑いとスリルの連続

あえて燃やすこともできます。

[コンタケ,ねとらぼ]

 iOSAndroid用アプリ「炎上なう」が、リアルな炎上の目撃者の気分になれると話題になっています。架空のSNS「Tmitter」上でいろいろと危ういフォロワーたちが炎上しないようにリプライを送って導いていくというシミュレーション(?)ゲームで、炎上に至る過程が生々しい……!


炎上なう SNS サイコ感あるアプリアイコン。後ろでは本能寺が燃えている

 というわけで、早速プレイしてみました。初プレイ時は、ID・名前・アイコンを決めるところから始まります。アイコンはあらかじめ用意されている6種のなかから選ぶようになっており、今回はネコ画像のアイコンを選びました。これらは後から変更することもできます。


炎上なう SNS プロフィール入力画面。後から変更もできる

 初期設定ができたらいよいよスタートするわけですが、最初の説明文に「わざと炎上するように仕向けると……?」と意味深な言葉が。このあたりから既に「やばい」香りが漂いだします。


炎上なう SNS 炎上するように仕向けられるのがこのゲームの恐ろしいところなんですよ……

 いざ始まってみると、言い訳の余地もないほどにTwitterでした。自分はもうある程度フォローしている人がいる設定らしく、タイムラインには何人かのツイートがあります。そんななかに何人かいる、アイコンに星マークが付いている人が炎上する可能性のあるメインの登場人物です。逆に、それ以外の人たちにリプライは送れません。


炎上なう SNS 星マーク

 最初に登場するのは、学校の後輩「ケンヤ」くん。「他人を見下したりばかにするような内容をつぶやいてしまうことがある」「先日Tmitterに投稿した写メが面白いと評価され拡散されたのを期に新たなネタを探している」ともう「お前はネットに触れるな」と言いたくなる紹介文が最初に表示されます。こいつは可燃性が高そうだぜ……ゴクリ。


炎上なう SNS 学校の後輩ケンヤくん。可燃性高そう

 この主要人物たちに、3択でリプライを送っていくことで話が進んでいきます。選んだリプライの内容によって右上の炎上ゲージが上昇したり下がったりしていき、少し時間がたつと相手からまたリプライが返ってくるのでまた3択のリプライを返して……と会話を続けていきます。


炎上なう SNS炎上なう SNS 3択の選択肢から1つ選んでリプライを送付。右上の炎上ゲージが上がったり下がったりする

 なお送れるリプライ量には制限があり、5回送ると「速度制限」となりしばらく進められなくなります。どんなSIM使ってんだ。進めるには一定時間待つか、動画広告を見るか、課金アイテム「Mi-Fi」を購入するかしましょう。

 ゲームは最終的にゲージの量によって炎上する「炎上エンド」か平和に終わる「ノーマルエンド」かに分岐。炎上を食い止められるような選択肢を選んで行くのが目的となります。が、前述の通りあえて燃やすことも可能。炎上ゲージを連続でガン上げする悪魔になることもできます。

 というわけで最初のケンヤくんはあまり深いことを考えずに適当にプレイを進めていったのですが、炎上ゲージがグングン伸びる伸びる。ちょっとやばいかな? と思いながら眺めていたところ燃えたぁぁぁぁっ! ケンヤくん燃えたぁぁぁぁっ! 炎上エンドだぁぁぁぁっ! やったーっ!


炎上なう SNS 伸びすぎた炎上ゲージ。そしてケンヤくんは燃えた……

 意外と炎上を止めるのは難しく、予想外の選択肢でゲージがガッツリ上がったりします。取りあえず燃えて灰になったケンヤくんは捨て置き、進めている途中で現れた2人目主要人物、自撮り写真投稿が大好きな「ゆずぴょん」を進めることにしました。


炎上なう SNS 自撮り大好き「ゆずぴょん」。やっぱり可燃性高そう

 このように、話を進めていくと途中でリプライを送れる新しい主要人物が次々に登場します。全部で5人おり、同時進行もできる仕組み。それぞれ違った炎上の危機を抱えているので、炎上させないためには状況に沿ったアドバイスが必要になります。

 自撮り写真を日々アップロードしているゆずぴょん。今回も深く考えずに適当にリプライを返してみたのですが、やっぱり炎上ゲージが伸びる伸びる。そして燃えたぁぁぁぁっ! ゆずぴょんも燃えたぁぁぁぁっ! また炎上エンドだぁぁぁぁっ! ひゃっほぉぉぉっ!


炎上なう SNS もえるゆずぴょん(ネタバレにつきモザイク)

 どうやら炎上エンドはいろいろな実話を基にしてるような気配があり、どれもディープなネットユーザーであれば既視感を覚えるはず。それだけに生々しく、また架空とはいえ友達が自分の発言によって炎上していく様子は最高の背徳感とゾクゾク……ではなく、罪悪感を覚えます。いやあ、炎上って怖い。

 しかし、世間で起こる「炎上」の背景には、こういった友達からのリプライの存在が有ったのかもしれないと思うと、感慨深いところもあります。皆さんも雪が溶けそうなほどに熱い“炎上体験”、してみないかい。

関連キーワード

炎上 | SNS | アプリケーション | ゲーム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう