ニュース
» 2017年01月16日 16時55分 UPDATE

「この世界の片隅に」監督が100万人突破を報告! 「クロ現」&キネマ旬報1位効果で動員が過去最高に

年明けから一気に伸びてます。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 映画「この世界の片隅に」の観客動員数が100万人を突破したと、監督の片渕須直さんがTwitterで報告しました。


 同作は太平洋戦争下の軍港の街・呉市を舞台に、主人公の一般人女性「すずさん」の目線で日常生活が丁寧に描かれています。当初全国63館で公開がスタートし、初週は興行収入約4700万円、観客動員数は約3万2000人を記録。そこから口コミで人気に火がつき、じわじわと支持を広げていきました。

「この世界の片隅に」監督が100万人突破を報告! 【参考グラフ】9週目から興収が一気に増加していることが分かる グラフ提供:GiGi(@gigir)さん

 同作は週末興収ランキングで10位圏内(最高4位)をキープし続け、1月4日には上映館数が116館まで増加。7日にはさらに58館が一挙に増え、直後の10日に、キネマ旬報ベスト・テンでアニメ映画として「となりのトトロ」以来28年ぶりに1位を獲得したことが発表。さらに12日にはNHKの「クローズアップ現代+」で特集番組が放送されるなどの追い風が続き、10週目にして過去最高となる興収2億円超を記録しました。また、週末興収ランキングでも、先週の10位からランクアップし、8位を記録しています。「このせか」旋風、まだまだ続きそうです。

関連キーワード

興行収入 | 映画 | となりのトトロ | 口コミ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう