ニュース
» 2017年01月16日 19時00分 UPDATE

ドアラは外、福は内? 京都の老舗菓子店が「ドアラのお面」を節分豆に付ける奇策

ドアラの多才さをまた発見。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 節分が近くなると、鬼のお面が付いた福豆がスーパーに並ぶものですが、東海地方ではトリッキーな製品が発売されているようです。なんとオマケのお面がドアラ顔。よく見るとしっかりツノ生えてる……。


パッケージ これが棚に並ぶ絵面を想像すると……

 販売元は菓子店の京都吉祥庵。前身の桂華堂は1934年創業で、日本で初めて煎り大豆を節分豆として商品化したという老舗です。近年は恵方巻きの定着で節分の商習慣が変化し、節分豆の販売に苦戦。そこで、家族で豆まきを楽しめる製品を目指し、人気キャラクターのドアラとコラボレーションしたそうです。ドアラさんの汎用性すごい。


豆 中には昔ながらの節分豆が

 「必勝祈願! ドアラお面付き節分ふくまめ」は東海地区限定で、希望小売価格389円(税込)で発売中。お面を使うと、節分が“中日ドラゴンズのマスコットが豆で追われる謎の行事”になってしまう気もしますが、ちょっとシュールで楽しそうです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー