ニュース
» 2017年01月17日 13時30分 UPDATE

「世界所得上位8人の総資産=低所得層36億人の総資産」 格差に関する報告書に注目集まる

報告したNGOは世界の指導者に対し、格差の解消を呼びかけている。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1月20日までスイスで開催される世界経済フォーラム(通称ダボス会議)に際して、国際的NGOのオックスファムが報告書「An Economy for the 99%(99%のための経済)」を発表した。「世界所得上位8人の総資産は低所得層36億人の総資産に相当」と指摘し、格差社会の解消を訴えている。


報告書 オックスファムの報告書

 オックスファムは、貧困問題に取り組む国際協力団体。クレディ・スイス証券の「2016年度グローバル・ウェルス・レポート」と米フォーブス誌の世界長者番付を参照し、世界的な富の配分を計算した。

 その結果、所得上位8人の総資産は4260億ドル(約48兆6500億円)で、所得の少ない36億人の総資産とほぼ同じことが判明。世界人口半数分の富が、わずか8人に集中していることになる。なお上位者にはマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏を筆頭に、Amazon.comの共同創設者ジェフ・ベゾス氏やFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏らが名を連ねており、8人中6人がアメリカ人だという。


ビル・ゲイツ フォーブス世界長者番付より、1位のビル・ゲイツ氏。総資産は750億ドル(約8兆5600億円)とされている

 同団体は、大企業による労働者からの搾取や、タックスヘイブンを介しての租税回避が格差の背景にあると分析。「世界は今、(人口)99%のための経済を必要としている」とし、各国の指導者に格差の是正を呼びかけている。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう