ニュース
» 2017年01月19日 13時46分 UPDATE

湯浅政明監督、初の完全オリジナルアニメ映画「夜明け告げるルーのうた」が5月19日公開 人魚と少年の交流を描く物語

キャラクターデザイン・作画監督には、湯浅監督作品ではおなじみの伊東伸高さんが抜てき。

[まっつ,ねとらぼ]

 「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」などの湯浅政明監督による完全オリジナルアニメ映画「夜明け告げるルーのうた」が、5月19日に公開されることが決定しました。キャラクターデザイン・作画監督には、過去に湯浅監督とタッグを組んでいる伊東伸高さんが参加しています。


夜明け告げるルーのうた 人魚の少女・ルー(画像はYouTubeから)

夜明け告げるルーのうた 主人公・カイ(画像はYouTubeから)

 寂れた漁港の町を舞台に、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活を送る主人公・カイと不思議な人魚の少女・ルーの交流の日々、そして町のピンチに立ち向かう姿が描かれます。アニメーション制作会社は湯浅監督が代表取締役を務めるサイエンスSARUが担当し、キャラクター原案を漫画「ペンとチョコレート」などのねむようこさん、脚本には映画「聲の形」や「ガールズ&パンツァー 劇場版」など数々の人気アニメ映画を手掛けた吉田玲子さんと湯浅監督自身も名を連ねます。また、主題歌はシンガーソングライター・斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」に決定しました。

 今回公開となった特報映像でもすでに“湯浅節”とも呼ぶべきビビッドな色彩感覚と躍動感&疾走感あふれるアニメーションが確認できます。

夜明け告げるルーのうた 躍動感と疾走感あふれるアニメーション(画像はYouTubeから)

 人魚の少女・ルー役には大ヒット映画「君の名は。」でヒロインの妹・宮水四葉を演じた子役の谷花音さん、カイ役を映画「くちびるに歌を」の合唱部員・桑原サトルを演じた下田翔大さん、ルーのパパ役には柔道家でタレントとしても活躍中の篠原信一さん、漁師役はお笑いコンビ・千鳥の大悟さんとノブさんが担当します。その他にもじいさん役の柄本明さん、国夫役の斉藤壮馬さん、遊歩役の寿美菜子さんらの出演も決定しています。

夜明け告げるルーのうた 映画「夜明け告げるルーのうた」(画像は映画「夜明け告げるルーのうた」公式サイトから)

(C)2017ルー製作委員会

関連キーワード

映画 | アニメ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう