ニュース
» 2017年01月19日 15時07分 UPDATE

同人誌即売会で電子書籍を手売りできるカードが登場 ダウンロードコードで同人誌の新刊が読めるように

「COMITIA119」参加サークル向けに印刷会社「ねこのしっぽ」にて販売されます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ブックウォーカーは、同人誌即売会において電子書籍化した同人誌を手売りできるサービス「BWインディーズカード」の試験提供を開始しました。

 「BWインディーズカード」はクレジットカードほどのサイズで、表には同人誌の表紙、そして裏には個別に「ダウンロード用のコード」を記載。このコードを専用のWebページで入力することで、同社が運営する電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」の読書アプリやブラウザでその同人誌の電子書籍が読めるようになります。コードの利用期限は1年間。


ブックウォーカー 電子書籍 BWインディーズ カード 同人誌 即売会 「BWインディーズ カード」の表紙見本

 同人誌サークルにとっては手渡しでの販売が可能という以外にも、電子書籍なので増刷コストがなく、もし在庫になっても書籍と比べてスペースをとらないメリットが。読者にとってはスマホ・タブレット・PCなど、読める環境の選択肢が増えることになります。

 同サービスは印刷会社ねこのしっぽとコラボし、2月12日に開催される「COMITIA119」の参加サークル向けに販売。通常の入稿時に印刷オプションとして選ぶことで、電子書籍版が作成され「BOOK☆WALKER」のストア上で販売されます(販売価格は申込時に設定)。


ブックウォーカー 電子書籍 BWインディーズ カード 同人誌 即売会 「BOOK☆WALKER」で販売される電子書籍版のダウンロードコードをカードで手売りする形です

 利用には「BOOK☆WALKER」と「BWインディーズ 著者センター」への登録が必要で、同人誌の印刷料金と別にカード発行手数料として2000円と、枚数に応じた印刷料金が発生します。枚数は25枚単位で、価格は25枚(1950円)、50枚(3000円)、100枚(3850円)、最も多い300枚で1万2400円(すべて税込)。

 また同社は「BWインディーズ」として「COMITIA119」にブースを出展(企業ブース14)。当日は同人誌の原稿や現物の持ち込みを受け付け、電子書籍化して「BOOK☆WALKER」への登録と販売開始までの代行を実施します。手順や方法などの詳細は「電子書籍の作り方・売り方まとめ」にて確認できます。

初掲載時、PCの場合はブラウザ上で閲覧できるとしていましたが、PC用アプリも提供されるため修正いたしました。

(宮原れい)

関連キーワード

書籍 | 電子書籍 | 同人誌 | 印刷


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう