ニュース
» 2017年01月19日 23時15分 UPDATE

名探偵コナンを誕生させた薬「アポトキシン4869」っぽいカレー ヴィレヴァン通販で発売!

体が小さくなる効果はありません。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 名探偵コナンに登場する薬「APTX(アポトキシン)4869」をモチーフにしたレトルトカレーが、ヴィレッジヴァンガードオンラインで発売されています。

アポトキシンカレー 名探偵コナン アポトキシンカレー

 「アポトキシン4869」は証拠の残らない暗殺用の毒薬として開発され、工藤新一を江戸川コナンに、科学者・宮野志保を灰原哀に幼児化させてしまった薬です。

 そんな薬をイメージした「アポトキシンカレー」は、チキン入りの赤みがかったトマトカレー。体が小さくなる心配はないそうですが、パッケージには灰原さんとともに「アポトキシン4869」が描かれていて、食べるときにはちょっとドキドキしてしまいそう。200グラム入りで価格は648円(税込)です。

アポトキシンカレー バレンタインのプレゼントにも

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう