ニュース
» 2017年01月20日 13時17分 UPDATE

CIAの元機密文書約1200万ページがネット上でも閲覧可能に UFO研究や「スターゲイト・プロジェクト」に関する情報も

モルダーの「スカリー、やっぱり連中は隠していたんだ……!」という声が聞こえてきそう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 CIAが、25年以上前の機密文書約93万件をネット上に公開しました。UFO研究や、軍事利用を目的に行われた超能力研究「スターゲイト・プロジェクト」などの資料を閲覧することができます。な、なんだってー!

 CIAは米国政府の行政命令に基づき、以前から25年以上前の機密文書をデータべース「CREST」に公開していました。しかし直接アクセスするにはこれまで米国メリーランド州にある国立公文書館に足を運ぶ必要があり、研究者の利便性を考慮してネットから閲覧できるよう改められました。

 湾岸戦争やキューバ危機といった歴史的な出来事の裏側を知ることのできる資料から、UFO、超能力に関するオカルトじみたものまであり、合計ページ数はなんと1200万ページ以上。一生かけても読みきれるか分からないほど膨大です。これほどの機密文書を所有していたなんて……まさかCIAの正体は、米国政府の情報機関なのか……!?(そうです)。


画像 「スターゲイト・プロジェクト」の資料


画像 ソ連の盗聴を行うために冷戦期に掘られた「ベルリントンネル」に関するもの


画像 「UFO」で検索すると、大量の資料が

 これには研究者のほか、アメリカの国民的SFドラマ「X-ファイル」の主人公・モルダー捜査官もきっと大喜びでしょうね。

マッハ・キショ松

関連キーワード

CIA | アメリカ | 秘密 | 機密情報 | UFO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう