ニュース
» 2017年01月22日 09時00分 UPDATE

モサモサに虐待された犬など、50匹以上の動物がドイツで救出 職員「羊かと思った」

一見おもしろ画像ですが……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 ドイツのフロートー市でモサモサに虐待されていた動物たちが救出されました。救出された動物たちは画像の犬のほか、モルモットやウサギなど、合計50匹以上でした。

モサモサに虐待された犬など、50匹以上の動物がドイツで救出 羊……?

 救出された動物たちのケアにあたった保護シェルターの職員は、特にわんちゃんについては「羊かと思った」というほど、見た目のモサモサ感が極まっていました。動物たちは全員飢餓(きが)状態で、モルモットたちは互いについばみあった傷が無数にあったほか、わんちゃんにも複数の傷跡が残っていたそうです。

モサモサに虐待された犬など、50匹以上の動物がドイツで救出モサモサに虐待された犬など、50匹以上の動物がドイツで救出モサモサに虐待された犬など、50匹以上の動物がドイツで救出 どんどん散髪していき、お風呂にも

 シェルターの職員は過去遭遇したことがないほどひどい状態の動物たちに絶句。Facebookを通じて、犬用の敏感肌シャンプーやドッグフード、毛を切るための機材などを寄贈を呼びかけました。幸い現地の動物好きな人たちが大勢協力してくれたそうで、犬の美容師なども参上し、ボランティアで動物たちの面倒をみてくれたそうです。

モサモサに虐待された犬など、50匹以上の動物がドイツで救出 ホントはこんなにかわいいわんちゃんでした

 動物たちを虐待した容疑者についてはまだ不明で、現在調査中とのこと。また、動物たちは順調に回復に向かっているそうです。

画像は動物シェルターTierheim Eichenhofの公式Facebookより

関連キーワード

動物 | 虐待 | ドイツ |


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう