ニュース
» 2017年01月20日 20時15分 UPDATE

大相撲でイナバウアー風な大技「たすき反り」がさく裂 昭和30年の夏場所以来

宇良だけに「ウラバウアー」の呼び声も。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 大相撲初場所13日目、東十両3枚目の宇良がイナバウアーのような大技「たすき反り」で相手の天風に勝利しました。


 「たすき反り」は相手を肩に担ぎながら体を反らせて後ろに落とす、非常に珍しい技。「たすき反り」が決まったのは、日本相撲協会が決まり手を発表するようになった昭和30年の夏場所以降、十両、幕内通じて初めてです。宇良は学生時代から、相手の膝のあたりを抱えて後ろに反って倒す「い反り」を得意としていたことが知られていました。「い反り」も珍しい決まり手であることから、プロ転向後は「い反り」での勝利が期待されていましたが、そんな中、さらなるレア技である「たすき反り」がまさかのさく裂。

大相撲でイナバウアー風な大技「たすき反り」がさく裂 もともと「い反り」と呼ばれる技を得意としていました(画像は日本相撲協会の決まり手解説ページより


 宇良は初場所4日目でも、豊響の突きを土俵際でものすごいエビ反りでかわし、逆転劇を収めていました。その際一部のメディアからは「ウラバウアー」という名称も飛び出していましたが、今回の「たすき反り」も圧巻のウラバウアー劇。体の柔軟さを活かした得意技「い反り」への期待も高まります。

大相撲でイナバウアー風な大技「たすき反り」がさく裂 日本相撲協会公式Webサイトに掲載されているプロフィールでも、得意技に「い反り」が挙げられています

関連キーワード

相撲 | NHK


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう