ニュース
» 2017年01月20日 22時55分 UPDATE

離れて暮らす家族と音声メッセージでコミュニケーション ぬいぐるみ型ロボット「ここくま」が1月25日に発売

既読機能によって確認・見守れる機能も付いています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 NTTドコモら4社は、ぬいぐるみ型コミュニケーションロボット「ここくま」を2017年1月25日に発売すると発表しました


ここくま ぬいぐるみ コミュニケーションロボット ドコモ 「コミュニケーションパートナー ここくま」

 ここくまには、スマートフォン等と音声メッセージのやりとりができる「ボイスメッセージ機能」に、人感センサーによって人が近づいたときに呼びかけたりする「おはなし機能」。さらにそれらが再生・利用されているかを専用アプリで確認できる「見守り機能」の3つが搭載。離れて暮らすおじいちゃん、おばあちゃんのそばに置いて家族とのコミュニケーションを促進しつつ、そっと見守ることをコンセプトとしています。


ここくま ぬいぐるみ コミュニケーションロボット ドコモ ボイスメッセージの利用イメージ

 以前に公開された紹介ムービーでは、ここくまの左手にある録音ボタンを使いメッセージを送ったり、右手の再生ボタンで家族からのメッセージを聞く様子が確認できます。専用アプリでは音声だけでなくテキストでの送信(メッセージ読み上げ)や分かりやすい既読機能、またメッセージをしゃべる際のここくまの表情を「うれしい」「かなしい」などから選ぶことも可能です。



ここくま ぬいぐるみ コミュニケーションロボット ドコモここくま ぬいぐるみ コミュニケーションロボット ドコモ 左手に「録音ボタン」/右手に「再生ボタン」。足には「おはなしボタン」があります

ここくま ぬいぐるみ コミュニケーションロボット ドコモ 話しかけるようにメッセージを録音、または再生します

 希望小売価格は3万4800円で、通信利用のための月額サービス利用料は1980円(税別)。本体の大きさは幅210×奥行200×高さ280ミリで重さ約760グラム。電源はAC充電方式です。販売店は公式サイトから確認できます。

 なお、ここくまの設計・製造・販売はイワヤが行い、NTTドコモがシニア向けプロジェクト全体の統括、バイテックグローバルエレクトロニクスが各社の技術・ノウハウを統合する開発マネジメントや部材の調達、ムーアドールがスマホアプリ開発等を担当しています。


ここくま ぬいぐるみ コミュニケーションロボット ドコモ それぞれが好きなときにメッセージを確認できるメリットも

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう