ニュース
» 2017年01月23日 16時10分 UPDATE

「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート

食べてみたい……!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された大根が、見慣れた大根の形を超越しすぎていると話題です。あれっ、大根ってこんな形でしたっけ?

「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! これがDAI……CON……? 画像提供:ガイ・ジ・オーダー・ゴミオ(@Zoe_Aishiteru)さん

 注目を集めているのは、ガイ・ジ・オーダー・ゴミオ(@Zoe_Aishiteru)さんが「板長が暇潰しに切った大根を貰った」という説明書きと共に投稿したある大根の写真。大根は11の輪が連なった鎖のような状態になっており、なんだかアートなことになっています。いや、板長さん凄すぎですから!

 明らかに暇つぶしのレベルを超えている大根の写真はまたたく間に拡散され、現時点で4万9000RT以上を獲得。リプライ欄では「まさに神業」「どうやったら、こうなるの? 動画見てみたい!」「全部鍋に入れて煮物にしたいなw」など、さまざまな反応が集まってきています。


 実は大根を鎖状に切り抜く技術の歴史は古く、1785年に発行された「大根一式料理秘密箱」で“輪違い大根”として紹介され、江戸時代に流行していたという記録もあります。料理の見栄えを良くするために素材の表面に切れ目を加える“飾り包丁”と呼ばれる技術で、YouTubeでは公益社団法人日本料理研究会が作り方を動画で公開中。動画では、最後に刺し身も盛られており、これまたきらびやかな感じに。お祝い事などでこんな大根が出てきたらテンション上がること間違い無し。並大抵の技術ではなさそうですが、一度チャレンジしてみるのもアリかも?

「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! まず側面を四角く切り落とす
「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 角ばった鎖状にくり抜いて


「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 少しずつ丸く削っていく
「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 刺し身を盛り付ければとってもゴージャスに


関連キーワード

料理 | 動画 | 日本


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー