ニュース
» 2017年01月23日 16時07分 UPDATE

Galaxy Note7の発火原因をサムスンが正式発表 バッテリーの電極に湾曲、接触不良など

今後は8項目に渡る安全対策を講じるとのこと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 発火・爆発事故が相次いだ「Galaxy Note7」(関連記事)について、サムスンが韓国本社にて記者会見を開催。公式サイトでもユーザーに謝罪を述べるとともに、発火原因となったバッテリーの問題点を発表している。


バッテリー 出火原因となったバッテリーの基本構造

 同社は第三者団体と協力して精査した、問題の原因を図解。同製品のバッテリーは2社が製造を担当していたが、どちらの製品にも異なる問題がみられた。1社が製造したバッテリーは設計の問題でケース内に必要十分なスペースがなく、そのせいで電極が湾曲していたという。


バッテリーA 左が問題のバッテリー、右があるべき正常な状態。前者はケースの角が狭いせいで、電極が湾曲している

 もう1社のバッテリーは製造上の欠陥を抱えており、溶接の不良で正負電極の接触に問題が発生していた。


バッテリーB 「正極の溶接時に生じたバリが絶縁テープを貫通し、正負極が直接接触した」ことが主要因とのこと

 サムスンは調査結果をふまえて、今後同様の問題を発生させないよう、安全対策の強化を発表。従来の耐久性試験やX線検査に加え、充放電試験や加速試験など8項目に渡る安全性チェックプロセスを定めている。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう