ニュース
» 2017年01月23日 16時32分 UPDATE

本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた

既にゲーム機やテレビを乗せられる収納家具「ファミカセチェスト」などを販売中。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「『ゲーミング家具』ってジャンルを切り開こうと思ってます」とTwitterで宣言した、佐賀県の家具店「ミキティ」が注目を集めています。既にファミコンをイメージしたオリジナル収納家具「ファミカセチェスト」などを販売中。カセットを収納できるのはもちろん、引き出しの取っ手に飾ることもでき、上にテレビとゲーム機を乗せればプレイの拠点に!


ファミカセチェスト 最大で300本弱のROMカセットを収納しつつ、前面にも飾れます

NEOGEOCD 光学メディアのソフトを飾っても映える

 ユニークな製品開発を手掛ける同社に、くわしい話を聞いてみました。店長の山田さんは数年前から、ゲームについて語る番組「駄菓子屋ゲーセン回顧録」をUstreamで配信(過去の配信は公式YouTubeチャンネルで視聴可能)。番組の企画で、私的に「スペースハリアー」(セガ)の筐体を自作するほどのゲーム好きです。家具屋さんの本気すごい。


製作過程 製作の様子。さすがに環境がガチ

スペースハリアー 完成したスペースハリアー筐体。本物と勘違いするできばえ

 その熱意は本業でも発揮され、2016年からはゲーム関連家具の製品化を決定。ゲームのカセットを収納することに特化した、他社にはないオリジナル製品を作ろうと、ファミカセチェストを開発しました。のちにメガドライブ向けの「メガカセチェスト」も発売しています。


メガカセチェスト 黒が基調のメガカセチェスト。上にそびえ立つ通称“メガドラタワー”が壮観

 同社は次の企画として、アーケード筐体型の家具を試作し、製品化に向けて開発中。単なる家具でなく、実際にユーザーが手持ちのゲーム機を接続して遊べます。なんと画面が90度回転し、縦・横両用で使える優れもの。縦スクロールシューティングも違和感なく遊べそうです。


縦横 モニターが回転し、縦向きでも横向きでも使える

本体台座 本体のみでもプレイ可能。台座は別売

台座 台座には配線を通す穴や、ゲーム機や基板の格納スペースが設けられています

 編集部は開発に携わるバンさん(@gaming_kagu)に、より詳細な話を聞きました。バンさんは山田店長の番組に感心し、スペースハリアー筐体製作に協力。意を決して2014年には東京から佐賀へ移住し、その後同社にスカウトされたそうです。ゲームへの思いが人生を変えた!



 筐体型家具開発のきっかけは、2016年秋に地元で催された「大川木工まつり」でした。テーブル型とアップライト型のゲーム筐体を自主製作し、「駄菓子屋ゲーセン」と銘打って出展したところ、子どもから大人まで世代を問わず大人気に。しかし、このとき“第3の筐体”として予定されていた、卓上型のコンパクトな筐体は未完成で出展できませんでした。これが心残りになったバンさんたちは、「今度は期限を決めずにしっかり作ってみよう」と思い立ち、未完成の筐体をひな形に本格的な開発を始めたそうです。


出展 出展の様子。大人たちには懐かしく、子どもたちには新鮮に映ったようで、終日大盛況だったそうです

テーブル筐体 日よけ用のフードが懐かしいテーブル筐体。駄菓子屋のゲーム機ってこうだったわ……

アップライト筐体 こちらはアップライト筐体。「クレイジー・クライマー」を2レバーで遊べる環境、今どきそうそうない

 ひな形の時点では、バンさんが「ゼビウス」をプレイしたい思いもあり、縦画面仕様で開発されていました。しかし進めるうちに、あらためて横画面対応ゲームの多さに気づき、画面の回転機構を考案。試行錯誤の末に試作機を完成し、販売へ向けて調整を進めています。


初期段階 開発初期段階では縦画面前提の設計。薄型のプレイステーション 2を内蔵しているそうです

回転 縦画面のみでは需要が少ないからと、回転機構が考案されました

 ラインアップは、一般的な業務用基板が接続できるモデルと、家庭用ゲーム機(USBコントローラーが使えるもの)を内蔵できるモデルの2種類を予定。両方接続できる「欲張りプラン」も予定されています。また、入力デバイスやスピーカー、モニターを廃し、購入者が好みの部品を別途用意して接続できる形態も検討中。ユーザーごとに最適な環境を提供したいと語っています。


モニターレス 手持ちのモニターを装着して使用できるバージョンも

 発売時期は2017年初夏が目標とのこと。価格帯は現段階では明示できないものの、10万円以内を目指しているそうです。


画像提供:ミキティ
※ゲーム筐体型家具の画像は開発中のもので、製品化時と異なる場合があります

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう