ニュース
» 2017年01月24日 20時50分 UPDATE

サッカーで「GKに無理やり頭でバックパス」→「反則」になる珍プレー このルール知ってた?

その発想はあった……けどダメだったのか!

[たろちん,ねとらぼ]

 サッカー・フランス1部リーグ「リーグ・アン」で、非常に珍しい反則プレーがありました。YouTubeに該当シーンの動画が投稿されています

頭でバックパス 強引に頭でバックパス

 1月21日のナント対パリ・サンジェルマン(PSG)戦、珍プレーを披露してしまったのはPSGのマルコ・ヴェッラッティ選手。自陣ゴール近くでボールを受けたヴェッラッティ選手は、転がっているボールに対し地面に這いつくばるようにして強引にヘディングでGKにボールをパスしました。なんという無茶な体勢。

頭でバックパス 「頭でパスしたい……せや、自分がしゃがんだろ!」というストレートな発想

 サッカーでは、足でのバックパスをGKが手で扱うことはできませんが、頭や胸などで返したボールは手でキャッチすることができるというルールがあります。ヴェッラッティ選手のプレーもこれを意図したものだと思われますが、主審はこれに対してファウルのホイッスルを吹きヴェッラッティ選手にイエローカードを提示。ヴェッラッティ選手は「えっ、オレ?」というように驚いた表情を見せています。

頭でバックパス 主審「それファウルだよ」

頭でバックパス 「マジで!?」

 実はヴェッラッティ選手に与えられたのは「反スポーツ的行為」という警告。バックパスを露骨な時間稼ぎなどに使うことを防ぐため、サッカーの競技規則には「競技規則の裏をかき、意図的に味方のゴールキーパーに頭や胸、膝などでボールをパス」してはならないということがしっかりと記載されています。こんなマニアックなルールが……!

頭でバックパス ちゃんとルールとして定められています(サッカー競技規則より)

 今回の場合、ヴェッラッティ選手に悪意はなかったのでしょうが、主審の冷静なジャッジにより想定外のイエローカードをもらってしまう結果に。かなり珍しいケースだけに知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

たろちん

関連キーワード

サッカー | 動画 | フランス | スポーツ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう