ニュース
» 2017年01月25日 21時08分 UPDATE

スマホ版「Google翻訳」でカメラのリアルタイム変換が可能に またGoogleが未来を実現してしまったか……

ただし精度はもう一歩。

[コンタケ,ねとらぼ]

 スマートフォンアプリのGoogle翻訳(iOSAndroid)がアップデートされ、リアルタイムカメラ翻訳が日本語にも対応しました。カメラに写した文字がその場で翻訳されるというもので、実際に試してみたところかなり面白い機能となっています。


Google翻訳 リアルタイムカメラ ここから起動します

 使い方は、アプリを起動してカメラボタンをタップするだけ。最新バージョンに更新されていれば、カメラ画面の右下に「インスタント」ボタンが表示されます。この「インスタント」をオンにすれば、カメラに写った文字がリアルタイムに翻訳されるという仕組み。

 この翻訳した言葉の表示の仕方が凝っており、「元の文字の上から翻訳した言葉を合成画像にして表示する」という形式を取っています。さらに文字の大きさや色まで再現するため、翻訳されたものが本当にそこにあるかのよう。未来っぽい。


Google翻訳 リアルタイムカメラ 例えばこのティッシュボックス


Google翻訳 リアルタイムカメラ こうなります


Google翻訳 リアルタイムカメラ 例えば自動販売機


Google翻訳 リアルタイムカメラ こうなります


Google翻訳 リアルタイムカメラGoogle翻訳 リアルタイムカメラ 雑紙「MONTHLY BUILDINGS」は「毎月建物」に

 ただし精度がちょっと低く、1文字抜けて翻訳されてしまいおかしな言葉になってしまう場合もあります。また、おしゃれなフォントだったり、傾いていたりすると文字と認識してくれないケースも多発。近づいたりスマホ自体を傾けたりすると認識してくれることもありますが、リアルタイムなので表示がコロコロ変わります。ちゃんと翻訳したい場合はリアルタイムではなく、撮影して画像翻訳にすると良いでしょう。

 まだ完璧とは言えませんが、街で見掛けた看板などをその場でさっと翻訳できるのは便利なはず。Googleの技術で、どんどん生活が変わっていきますね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう