ニュース
» 2017年01月26日 20時31分 UPDATE

日経がAIによる記事執筆をスタート 完全自動で「決算サマリー」生成

ついに「AI記者」が日経デビュー。

[ねとらぼ]

 日本経済新聞社は1月25日より、各社の決算サマリーをAIが自動執筆する「完全自動『決算サマリー』」の運用を開始しました。


日経AI決算サマリー

 社内のエンジニアが中心となって立ち上げたプロジェクトで、言語理解研究所(ILU)および東京大学松尾豊特任准教授研究室との共同開発。上場企業が発表する決算データをもとに、AIが自動で文章を作成し、売上やその背景といった要点をまとめて配信します。人間によるチェックや修正は一切行わず、執筆から配信まで、全てのプロセスを自動化しているとのこと。


日経AI決算サマリー 作成された記事は日経電子版などで既に配信中

 作成された記事は「日本経済新聞 電子版」や「日経テレコン」などで既に配信中。AIが作成した記事には「※企業開示をもとに自動で作成」「決算サマリー自動生成について」といった注釈がついていますが、文章などの精度は高く、幾つかの記事を見たかぎりでは、特に不自然な点は感じられませんでした。


関連キーワード

決算 | 日経新聞 | 自動生成 | 共同開発


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう