ニュース
» 2017年01月27日 11時50分 UPDATE

人類滅亡まで2分30秒 トランプ大統領就任など受け「世界終末時計」1年間で30秒進む

時計の針が進むのは2年ぶり。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 人類滅亡までの時間を象徴的に表した「世界終末時計」が、のこり2分30秒になったと、米科学誌「Bulletin of the Atomic Scientists」が1月26日に発表しました。時計の針が進むのは「のこり3分」だった2015年以来2年ぶり。


 1947年から人類滅亡のカウントダウンを行っている同誌は、時計の針が進んだ理由について、トランプ大統領の核兵器や地球温暖化に対する認識への懸念や、世界の核兵器の90%以上を保有する米ロ間の緊張感が依然高いままであること、北朝鮮が地下核実験を継続している状況などを挙げています。また、世界の二酸化炭素排出量は前年度に比べ横ばいだったものの、温暖化傾向は依然継続中で、改善にはパリ協定で制定された以上の温室効果ガス削減が必要だとも指摘しています。

人類滅亡まで2分30秒 トランプ大統領就任など受け「終末時計」1年間で30秒進む

 また、同誌編集長のレイチェル・ブロンソン氏は核兵器や地球温暖化といったこれまでの諸問題に加え、世界規模で「偽ニュース」が増加している現状(関連記事)についても懸念を示しています。

関連キーワード

滅亡 | 地球温暖化 | トランプ | 北朝鮮


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー