ニュース
» 2017年01月27日 17時57分 UPDATE

「競争があれば値上げはなかったのでは」 ヤマト運輸が日本郵便の優遇措置に意見しても何も変わらなかったと経過を報告

ユーザーからの意見も募っています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ヤマト運輸が、日本郵便の優遇措置について論じる特設サイト「いい競争で、いいサービスを。」を公開しました。同社が2015年11月12日に全国54紙でメッセージを掲載してから1年ちょっとが経過しましたが(関連記事)、特設サイトではその後の経過を報告し「いまだに公平・公正なものとはいえない状況が続いている」としています。


ヤマト運輸 日本郵便 クロネコメール便 レターパック ヤマト運輸の特設サイト「いい競争で、いいサービスを。」

 ヤマト運輸が2015年に出したメッセージでは、主に以下の2点について訴えていました。

  • 「信書」制度の不便さ
  • 日本郵便が国際スピード郵便(EMS)として優遇を受けながら荷物を運んでいる

 ヤマト運輸では1年強この2点について国に改善・是正を求めてきましたが、現時点では何も改善されていないとのこと。今回の特設サイトでは、あらためてこれらが問題であると主張するとともに、ユーザーの意見を求めています。

「信書」制度の問題

 「信書」は「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」と郵便法で定められたもの。送付する状況や文面のわずかな違いにより、信書であったりなかったりします。


ヤマト運輸 日本郵便 クロネコメール便 レターパック 特設サイトで解説されている「信書」の問題点。応募者が企業に履歴書を送る場合は「信書」ですが……


ヤマト運輸 日本郵便 クロネコメール便 レターパック 企業から応募者に返送する場合は「信書」ではなくなります

 信書規制の最大の問題は「何が信書に当たるのか分かりにくい」にもかかわらず、郵便または信書便以外で信書を送った場合、運送事業者だけでなく送り主も罰せられること。ヤマト運輸は信書を送達した運送事業者のみを罰するべきであると主張し続けてきましたが、罰則規定の見直しは行われていません。この問題を重く見たヤマト運輸では、2015年3月にクロネコメール便のサービスを廃止しました


ヤマト運輸 日本郵便 クロネコメール便 レターパック 実際に発生した例

 また、クロネコメール便の廃止後に、日本郵便が幾つかのサービスを値上げしました。「人件費単価の上昇」「持戻り・再配達を行うことによるコストが増加」が理由であるとしていますが、クロネコメール便との競争があればこの値上げは防げたのではないかと主張しています。

日本郵便と国際スピード郵便(EMS)

 EMSはExpress Mail Serviceの略称で、レターなどの郵便物を国際間で迅速に輸送するためのサービス“でした”。さまざまな優遇措置の適用を受けており、民間事業者に比べ運用面・コスト面で圧倒的に優位な状況にあります。

 しかし、現在ではEMSで「紙」だけではなく「物」も運べるようになり、ヤマト運輸のような荷物を運ぶ民間業者と競合となりました。にもかかわらず、EMSは現在も優遇処置を受け続けており、公平・公正な競争を損なっているというのがヤマト運輸の主張です。

 さらに、簡易な通関手続きが不正薬物や未知の細菌、病原菌を国内に持ち込む原因になる可能性があると指摘。EMSに対する通関手続き上の優遇措置は、日本社会の安心安全を脅かし、国際的な信用を低下させかねないものであるため、民間事業者と同様の「申告納税方式」を適用するべきとしています。

 ヤマト運輸はこれらの問題について国に改善・是正を訴えるとともに、特設サイトで意見を募っています。

関連キーワード

ヤマト運輸 | 日本郵便 | 企業 | 競合 | 宅配


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー