ニュース
» 2017年01月28日 09時00分 UPDATE

AIで気象ニュース原稿を自動生成 NTTデータが実証実験に成功

4年分の気象電文および原稿データをAIに学習させた結果、わずかな修正だけで実用できるレベルの原稿が生成。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NTTデータが、AIに気象ニュースの原稿を自動生成させる実証実験の結果を発表しました。文法的な違和感はなく、正確性においても多少修正するだけで実用できるレベルの文書が作成できたとのことです。


AI記者 自動生成の仕組み

 同社は2016年9月から4カ月に渡り実験を実施。過去に気象庁が公開した気象電文と、アナウンサーが読んだ気象ニュース原稿をセットで、AI「corevo」に学習させました。これをもとに生成された原稿の文法面と正確性を、独自の採点基準で評価。その結果、文法は3.86点、意味の正しさは3.07点(各4点満点)となり、わずかな修正で元の気象電文と矛盾しないレベルに達したそうです。

 これまでの自動生成では、テンプレート文に単語や数値を埋め込む手法がとられていました。しかしこの場合は大量のテンプレートや埋め込み方を人間が個々に設計する必要があり、多様なパターンに対応するには限界がありました。

 AIならば多くの人手を必要とせず、設計・開発コストを低減できる可能性があり、原稿を高速かつ大量に生成できるため、速報性の向上にもつながります。NTTデータは、まず気象分野でAI記者の商用化を企図。企業の決算発表やスポーツなど、大量のデータをともなう分野でも新たに実証実験を行い、他分野展開を目指すとしています。


発表 公式発表


(沓澤真二)


関連キーワード

天気 | 自動生成 | NTTデータ | 実証実験


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう