ニュース
» 2017年01月28日 12時15分 UPDATE

炎上中のキンコン西野に“狂気の漫画家”ちょぼらうにょぽみ先生がアプローチ 「地獄の釜が開いた」と話題に

ちょぼらうにょぽみ先生「プペルを私が描いているあいまいみーに登場させても宜しいでしょうか?」

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 絵本「えんとつ町のプペル」無料公開問題で炎上している、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん(関連記事)に、「あいまいみー」「弱酸性ミリオンアーサー」ほかでおなじみの“狂気の漫画家”ちょぼらうにょぽみ先生がアプローチし、「地獄の釜が開いた」と話題となっています。

 ドキュメンタリーDVDの告知をする西野さんのツイートに対し、ちょぼらうにょぽみ先生が「プペルを私が描いているあいまいみーに登場させても宜しいでしょうか?」とリプライしたところ、西野さんはこの申し出を快諾。

 ちょぼらうにょぽみ先生の「あいまいみー」といえば、狂気すら感じるシュールさが人気となりテレビアニメ化もされた名作(迷作)なだけに、そこに絶賛炎上中の絵本のキャラクターが登場するとなると、もう、「いったい何が始まるんです?」という感じですよ、これは……。


 このやり取りに対しTwitterでは、「犯罪予告で草生えるわ」「流石ちょぼ先生!俺たちにできないことを平然とやってのける!そこにシビれる!憧れるぅ!!!」「この堂々と正面切って殺し合いを挑むスタイル好きwwwwww」「やべぇよやべぇよ…にょぽみ先生の餌食になる」と、西野さんの身を案じる反応が。また、この両者のやり取りをキャプチャして「地獄の釜が開いた」とツイートする人もいました。

 プペルの「あいまいみー」への登場が、さらなる拡散効果となり西野さんのプラスになるのか、あるいは本当に地獄の釜が開いてしまうのか。今後の展開が気になるところです。

五月アメボシ

関連キーワード

西野亮廣 | 炎上 | 絵本 | 漫画家 | 漫画 | お笑い芸人


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー