ニュース
» 2017年01月29日 15時49分 UPDATE

自然対話に特化した“ネコ型ロボット” ドコモとユピテルが共同開発

ただしドラえもんではない。

[ねとらぼ]

 ユピテルとNTTドコモは、ネコをモチーフにした対話型AIロボットを共同開発すると発表しました。両社のAI・IoT分野における協業推進事業の第一弾となるもので、2017年の提供をめざします。聞き慣れた“ネコ型ロボット”の登場に心がくすぐられる!

ネコ型ロボット ドコモ ユピテル これはまさにネコ型ロボット

 この新たなロボットは、ユピテルが開発してきたロボット型端末にNTTグループのAI技術「corevo」の自然対話プラットフォーム技術を活用したもの。名前や年齢、性別、趣味など利用者の情報を登録しておくことで、ロボットが利用者の顔を識別し、趣味嗜好に合わせた対話をしてくれます。内容に応じて声色を変化させたり、雑談も可能。従来のコミュニケーションロボットの中でも、“自然な対話”を特長としています。

ネコ型ロボット ドコモ ユピテル ネコ型ロボットの仕組み

 ビジュアルは灰色のネコのぬいぐるみといったところで、お腹の辺りに識別用のカメラやセンサー、ディスプレイを搭載しています。対話はディスプレイにもチャット形式で表示されるため、後から内容を確認することも可能です。

 両社は今後、ユピテルの販売する車載器にドコモのAI技術を活用し、自然対話で操作したり行動を先読みしてくれたりするカーインフォテイメントサービスの提供を検討しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!