ニュース
» 2017年01月30日 19時05分 UPDATE

カラクリが手書きで時を刻む「書き時計」の進化形が完成 小型化・改良に成功した作者の苦心とは

数字が書き替えられるとともに、「チーン」と鳴る鐘の音が心地よい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2016年初頭、1分ごとにカラクリが動いて時刻を書き記す「書き時計」がTwitterで話題を呼び、ついには東京都美術館で展示されるほどの好評を得ました(関連記事)。それから約1年を経て、作者の鈴木完吾さん(@BellTreeNursing)が進化形の「time castle」を完成。小型化や各種改良に成功し再び注目を集めています。


 多数の木製歯車が複雑にからみ合ってペンを動かし、毎分磁気ボードの数字を書き替える3分計のタイマー。そのたびに鐘が「チーン」とかすかに鳴る風流な仕掛けも施されています。サイズも前作よりひとまわり小さく、コンパクトな仕上がりに。


消す 1分おきに上のアームが文字を消していき……

書く 下の筆記ユニットが新たに数字を書き込む


 編集部は鈴木さんに製作時の苦労などをうかがいました。書き時計は動作にさまざまな問題があったそうで、作者として納得できていなかった様子。そこで完成度で前作を超えられるものを作りたいと思い、第2弾の製作に着手したそうです。

 今回はコンセプトが「タイマー」となり、書かれる数字は0〜3までで、動作も3分のみに抑えられています。そのため、数字が変わるときにもう少しアクションが欲しいと考え、鐘の音を盛り込むことにしたそうです。

 前作から大きく変わった仕掛けは、カラクリが「字を消す動作」。前作では磁気ボードの裏側から磁石を“当てて”数字を消していましたが、今回は“こすって”消しています。このおかげで確実に字を消せるうえ、動作も面白いものにできたとのこと。


スイッチオン
消す
書く 斜めの視点から見ると、消して書くまでの動作がわかりやすい

 小型化については、前作をそのまま縮小したわけでなく、全体を新設計し直したとのこと。筆記ユニットを1本にし、内部のデッドスペースを限りなく減らすことでコンパクトにできたそうです。サイズ感は、底の脚部がA4用紙に収まる程度なのだとか。


 製作においては、部品の加工時にNCフライスと呼ばれる工作機械を導入。糸ノコギリを使用していた前作よりも、高精度を実現しています。ただ、慣れぬ機械相手に苦労し、何度も刃を折ってしまったそうです。


 製作期間は設計から4カ月ほど、製作費は4〜5万円とのこと。最後に完成しての感想を聞くと、鈴木さんは前作のノウハウを生かせたため「率直に言うと前よりは簡単でした」と語りました。なお、「time castle」を「書き時計」のように、どこかへ展示するかについては未定で、今後の動向を見て決めていきたいそうです。

画像提供:鈴木完吾さん(@BellTreeNursing

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう