ニュース
» 2017年02月01日 13時50分 UPDATE

「携帯モード」から「ロボットモード」にトランスフォームというロマン 「au×TRANSFORMERS PROJECT」始動

人間にも“運命(情報)”を選ぶ権利はある。

[橘 慧,ねとらぼ]

 ハリウッドで映画化もされた日本発の変形ロボット玩具シリーズ「トランスフォーマー」と「au」がコラボレーションし、携帯電話型変形玩具を制作するプロジェクトが始動します。その名もずばり「au×TRANSFORMERS PROJECT」。(大声で)トランスフォーム!


auとタンスフォーム 「au×TRANSFORMERS PROJECT」より。これはかっけーんすよ

 申し込み受付を開始するのは、「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」(税込5400円)と、「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」「INFOBAR BUMBLEBEE(ICHIMATSU)」「INFOBAR MEGATRON(BUILDING)」の3種セット(税込1万6200円)。

 初代「INFOBAR」の各カラーバリエーション(NISHIKIGOI・ICHIMATSU・BUILDING)と「トランスフォーマー」のキャラクターであるオプティマスプライム、バンブルビー、メガトロンがモチーフとなっています。なんと「INFOBAR」のデザインである「携帯モード」から「ロボットモード」に“完全変形”させることが可能なのだとか。本当に変形する!? こんなのロマンそのものじゃん!


auとタンスフォーム 日本の技術力が凝縮

auとタンスフォーム 細部にまでこだわるあたりが日本さすが日本

 3種ともにミニ携帯が付属。それぞれ「ロボットモード」に変形した際に手に持たせることができる、という遊び心にもキュンとします。一方で、新開発した専用Bluetoothユニットを内蔵しており、手持ちのスマートフォンに着信があった際にはLEDが点灯して知らせてくれるといった実用性をも兼ね備えた仕様に。


auとタンスフォーム かわいいぞ〜

auとタンスフォーム 専用Bluetoothユニットを内蔵で実用性もばっちり

 ディテールの細やかさ、実用性、遊び心に胸の高鳴りが抑えきれません。いやぁ、想像以上の出来栄え。細長い直方体の「INFOBAR」が変形し、立体感のあるロボットモードになるなんて……。KDDI、タカラトミー開発担当者からは「これは玩具ではなく、もはや超絶技巧を駆使した細密工芸品だと思います」といった納得のコメントも。

 商品は2月1日より、クラウドファンディングサービス「Makuake」限定で申し込み受付を開始します。超ロボット生命体が戦う壮大なストーリーの舞台は宇宙から人間の手のひらへ。人間にも“運命(情報)”を選ぶ権利はある。

関連キーワード

au | INFOBAR | 変形 | おもちゃ | トランスフォーマー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう