ニュース
» 2017年02月01日 15時55分 UPDATE

スマホ版「どうぶつの森」延期 営業利益予想の下方修正も重なり任天堂株価急落

当初の「3月予定」から「2017年度中」へ。

[ねとらぼ]

 1月31日、任天堂が2016年度第3四半期の決算を発表。スマートフォン向け「どうぶつの森」のリリース時期が、当初の「3月」から「2017年度中」に延期されることが資料から判明した。


ぶつ森 3DS版「とびだせ どうぶつの森」(公式サイトより)

 同社はスマートデバイス向けタイトルとして、2月に「ファイアーエムブレム ヒーローズ」(関連記事)、3月にはAndroid版「スーパーマリオ ラン」(関連記事)を予定。これらの配信と運営対応に伴い、「どうぶつの森」の配信開始時期を見直したと説明している。

 同時に、為替レートの円安推移や直近の販売動向をふまえ、2017年3月期(2016年度)の業績見通しを修正。営業利益は従来予想から100億円減の200億円となった。こうした発表の複合からか、任天堂の株価は前日終値の23120円から22005円へと一時急落。その後持ち直したものの終値は2万2625円(前日比−2.14%)となった。また、提携しているDeNA株価も、呼応するように下落を見せた。


ALT 1月31日の任天堂株価情報。9時台に一時急落(Yahoo!ファイナンスより)

ALT 同日のDeNA株価情報。11時台に急落(Yahoo!ファイナンスより)

(C)2012-2016 Nintendo


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう