ニュース
» 2017年02月01日 18時52分 UPDATE

「ネット検索の犯罪歴削除を」男性の求めを最高裁が棄却

「忘れられる権利」への言及はなかった。

[ねとらぼ]

 児童買春の罪で罰金刑を受けた男性がGoogleを相手取り、検索結果の削除を求めた仮処分の申し立ての抗告審で、最高裁は男性の申し立てを棄却した。


忘れられる権利

 男性は、インターネットで自分の名前や都道府県名を検索すると過去の犯罪に関する報道が検索結果として表示されてしまい、プライバシーが侵害されているとして保護を求めていた。

 今回の決定について、最高裁は「検索業者としての表現の自由とプライバシーの保護を比較し、プライバシーの保護が勝る場合には削除が認められる」と判断基準を示した。しかし今回のケースについては、児童買春が公共の利害に関する事柄として社会的に強い非難の対象となっており、プライバシーの保護が社会的意義に優先しないと判断したため、男性の訴えを棄却した。



 プライバシーに関する検索結果の削除に関しては、2011年にフランスで始まった裁判の中で「忘れられる権利」が認められ、今抗告審でも注目を集めていたが、今回の裁判では言及されなかった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう