ニュース
» 2017年02月04日 11時00分 UPDATE

ねとらぼレビュー:田口トモロヲ、悪の総帥になるため毎日緑の液体を飲み続ける ドラマ「バイプレイヤーズ」第4話

結局あの緑の液体はなんだったのか……。

[たまごまご,ねとらぼ]

 テレビ東京のドラマ24「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」。第4話は「バイプレイヤーとアクション」。

 2話が刑事モノ、3話が不倫恋愛モノときて、4話が特撮アクション。出演するドラマ形態がバラエティ豊かに。

今までのおさらい

 名脇役で知られる俳優さん6人の性格をデフォルメしながら、本人が本人を演じるドラマ。3カ月のシェアハウス生活をすることになった、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さん。50代以上の大御所バイプレイヤーです。10年前に自主制作映画「バイプレイヤーズ」でケンカして空中分解したものの、大杉さんを中心にそこそこ仲良く共同生活が続いています。

 今回は架空の特撮作品「孤独戦士サムライ嬢」に、田口さんと寺島さんが出演。二人は敵同士として演技します。


画像 10年前の「バイプレイヤーズ」。田口さんはキャラになりきって、自ら2階から落ちて、怪我をした。シンクロしすぎる彼を、寺島さんは「わけ分かんない」と言っていました


「わけ分かんない」ヤツ、田口トモロヲさん

 後半に流れる、完成した「サムライ嬢」の清水富美加さん、田口さん、寺島さんの殺陣シーンは、息がピッタリでかっこいい。「蒲田行進曲」を彷彿(ほうふつ)とさせる、階段落ちもばっちりです。「バイプレイヤーズ」内のドラマ撮影で、ちゃんと最後まで完成したの初めてでは。

 「サムライ嬢」は清水さんと田口さんがずーっと出ていた番組(今回の撮影は劇場版)。寺島さんは劇場版で初めて、サムライ嬢の師匠役ホクホクサイとして参加。現場で自分と違う演技思想の持ち主「悪の総統ドクターゲルゲ役・田口トモロヲ」を目にします。


画像 アクションの見せ場の一つ、階段落ち。階段落ちといば「蒲田行進曲」。たまたま通りかかったヤス役の平田満さんに伝授してもらおうとする2人

田口「ゲルゲ的には、ここを切られてもドクターゲルゲの肩は改造された超合金なんで」「あの、ドクターゲルゲは、サムライ嬢を倒すために復讐心を抱えてたんですよね、その感情を変異させた方がいいですか? ホクホクサイを斬る必然性が、ゲルゲ内に見つかんなくて……」「ドクターゲルゲはすべての遺伝子を受け継いで、全身改造してるんですよね? 今ぐらいの一撃で、落ちる……?」


 周囲もさすがに、この理論には困惑。監督も設定練り直しでてんてこ舞い。撮影が一行に進まない。寺島さんもキレる……のですが、田口さんの奇行に少し思うところがありました。彼はアクションが面倒くさいからという理由で、文句を言うような男ではないはずだ。

 10年前の「バイプレイヤーズ」撮影の時、田口さんは「自分の役」になりきったがゆえに、このキャラクターならこういう行動を取るはず、とのめりこんで高所から飛び降り、大怪我をしました。

 だから寺島さん、田口さんに何かあるのだと勘付きます。清水さんも同じで、最初は焦っていましたが、わかっているので口出ししません。

清水「役作りがすごすぎるなーって……。だって、あのヘドロみたいな飲み物、あれゲルゲエキスですよね、ゲルゲ色で。トモロヲさん、撮影中あれしか飲まないんですよ。あれを主食にしているっていう設定なんで」

 まさかの、1話での謎ドリンク伏線回収。あれは役作りのゲルゲドリンクだった! 青汁だと思ってたよ!(んであれなんなんだろう?)

 それも含めて、寺島さんの「あいつわけ分かんない」の言葉に重みが出てきます。



役作りは一通りではない

 「役作り」にはいろいろな形があります。作中の寺島さんは「パッション」で表現する直感派。そして田口トモロヲさんは、徹底して突き詰めて役にのめりこむ理論派

 理論だてて解釈し、自分をキャラクターに近づけていくスタイルの役者です。毎日の食事からゲルゲエキスを飲み、深夜に奇声をあげて殺陣の練習をし、どういう設定の存在か考え、ゲルゲ的なアクションをずーっとシミュレートしている。

 だから、自分がつかんだゲルゲと噛み合わない、納得できないアクションの時、戸惑う。ゲルゲが改造された肩の部分切られるのはおかしい、というのは確かにその通り。もっとも、理屈じゃないと言われたらそうなんだけど、彼は受け入れられなかった。


画像 ゲルゲの演技にのめりこんだ田口さん、寺島さんへのアクションで怪我をさせてしまう。けど寺島さんは止めない。むしろ褒めます

 ぶっちゃけこのこだわりは、整合性優先でシナリオをぶっ壊すものなので、現場によっては厄介です。これはラストの「バイプレトーク(こちらは本物の本人トーク)」でも、映画監督もやっている田口さんの談で聞くことができます。

田口トモロヲ(本人)「4話で書かれている人は、めんどくさい」「芝居ってキャッチボールだから、相手があってのことだから、自分の中で構築しても、他人の風に吹かれていかないと」


 作中の田口さんは確かに問題児。それでも、寺島さんが田口さんに付き合い続けたのは、田口さんの天才性、狂気的役作りを分かっていたから。「分かんない」は、ここまでのめりこめる彼への褒め言葉でした。

 一緒にゲルゲを追求しはじめます。小馬鹿にしていたフィギュアゲルゲーション(シミュレーションのこと)にも全力で付き合います。なぜゲルゲはホクホクサイを斬るのか。その理由を2人で突き詰めた結果、田口さんの理解がカチッとハマる。殺陣はお互いの共通認識ができて、はじめていいものになる。


画像 役作りに迷う田口さんと一緒に、真剣にゲルゲを考える寺島さん。彼もまた熱い男

寺島「高いところはさーちょっと」
田口「一緒に立てば怖くない!」
寺島「やだっつってんだバカヤロー!」
田口「うるせえこのやろう、年上だぞ! やれこのやろう!」


 プロフェッショナルの視線であると同時に、大人による最強のごっこ遊び。後半の2人、目がキラキラしています。

 撮影後、寺島さんが呼び捨てではなく「トモロヲさん、お疲れ様でした」と敬意を払うシーン。それに対して股間をつかむ田口さんの飄々(ひょうひょう)とした感じ。どこまで本気なんだろう田口トモロヲさん。そういえば1話で、ラジオドラマなのに太陽の役づくりをするため、素っ裸になってたのも、今思えば本気だったんだなー。



みんな超仲良しだな!

 シェアハウス生活が始まってからそこそこ日がたって。一緒に住んでいる6人とジャスミン、今回は豆まきをしていました。

 仲良すぎでしょ。入居時はこんなんじゃなかったよ?


画像 無邪気極まりなく豆まきをする面々。仲いいなあ〜

 その後もリビングで、遠藤さんと光石さんとジャスミンはボール遊び、大杉さんはフラフープ、松重さんは掃除機掛け(節分の後片付けか?)と、和やか。ジャスミンがいるからとはいえ、そもそも遊び道具が家にあるって。

 そもそも大杉さんが監視していたとか仲間に明かして、なんでケンカにならないんだろう? と不思議だったのですが、こんなに仲良かったらケンカになんてならないわけだ。なかばバレてましたし。寺島さんが木刀持ってたときはちょっとゾッとしましたけど、寺島さん優しいから……。

 5話はまさかの、青春学園ものMV。「ドキドキ大好き! フケメン(はーと)パラダイス」て。バイプレイヤーズ6人の学生服姿、かなーりキュンキュンきます。中年俳優ファン、卒倒の予感。


(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会

たまごまご


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう