ニュース
» 2017年02月02日 22時00分 UPDATE

壁や床にバーチャルな穴がぐにょ〜ん 「日本列島焼き尽くすVR」作者、HoloLensで拡張現実アプリを開発

穴の向こうには高空の景色が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 マイクロソフトのゴーグル型コンピューター「HoloLens」を用いた、床に穴を開けられる拡張現実アプリがTwitterで注目を集めています。現実の風景にポッカリと穴が開く様が、なんだかドラえもんの道具「通りぬけフープ」みたいです。


 ゴーグルの視界に写る壁や床に手をかざし、ピンチ操作のように人差し指と親指をくっつけると、ぐにょ〜んと穴が開きます。穴の先には高空の景色が写り、床の穴から落っこちてしまいそうな状況に。面白いけどちょっと怖いかも……。


床 落とし穴できちゃってガクブル

 作者のVoxelKeiさん(@VoxelKei)は、「日本列島VR」の開発過程で作った「日本列島焼き尽くすVR」で話題となった3DCGデザイナー(関連記事)。編集部が今回の開発意図などを聞いたところ、入手したHoloLensの修得を兼ねて試行錯誤しているうちに完成したそうです。同製品の性質上、VRのように周囲を取り囲む表現はできないので、逆に「ディスプレイの向こう側」を表現してみてはと開発に臨み、約10日間で完成したとのこと。

 技術的に可能なことが判明してからは、壁や天井にも穴を開けられるよう改良。HoloLensの空間マッピング技術と合わせて、現実の好きな場所に窓を作れるようになりました。穴がニュ〜っと開く表現は、ドラえもんなどの影響だそうです。


壁 壁の向こうに海が!

天井 天井を開けたら日当たりが良さそうに

 「全方向に窓を開けることで、視野全体が擬似映像に覆われていないにも関わらず、部屋全体が空に浮いているような錯覚が起きる」と、HoloLensの可能性を示したVoxelKeiさん。遊びで始めたことながら反響が大きかったため、穴の先の風景を変更できる機能を追加したうえで、リリースを検討しているそうです。

画像提供:VoxelKeiさん(@VoxelKei

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー