ニュース
» 2017年02月03日 12時25分 UPDATE

“実写版攻殻”「ゴースト・イン・ザ・シェル」の新たなトレーラーが海外で公開 バトーの隣にいるのはサイトー?

クゼと思われる男も登場!

[あいひょん,ねとらぼ]

 SFアクション漫画・アニメの金字塔「攻殻機動隊」のハリウッド実写化作品「ゴースト・イン・ザ・シェル(原題:GHOST IN THE SHELL)」の新たなトレーラーが2月2日、パラマウント・ピクチャーズ(米国)のYouTubeアカウントで公開されました。30秒の動画で、これまでのトレーラーで公開されている場面とともに、今回初めて明らかになるシーンも含まれています。


ゴースト・イン・ザ・シェル バトー バトーの右にいるのは、サイトー……? (以下、画像はYouTubeから)

 16秒あたりで確認できる、バトーらがヘリコプターを背景にたたずむシーンでは、彼の向かって右にいる男性が片目にアイパッチのようなものをしているように見えます。攻殻機動隊でこの姿と言えば、主人公である少佐らとともに公安9課に所属する凄腕のスナイパー・サイトー! 現時点で実写映画での登場が明言されている9課のキャラクターは少佐、バトー、荒牧課長のみですので、これには胸が踊ります。

ゴースト・イン・ザ・シェル 多脚戦車 多脚戦車?
ゴースト・イン・ザ・シェル 少佐 スカーレット・ヨハンソン
ゴースト・イン・ザ・シェル 少佐 クゼ クゼと思われる男と少佐

 19秒あたりでは、シリーズおなじみの多脚戦車(タチコマ、フチコマなど)と思われる機体が登場します。22秒から26秒にかけては、スカーレット・ヨハンソンさん演じる少佐の顔面パーツが外されその下の筋組織があらわになってしまう、ややショッキングなシーン。それを行った男は、9課に対峙する敵・クゼであると考えることができます。クゼはテレビアニメ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」に登場した重要キャラクターの名前ですが、今回の実写化ではどのような立ち位置で、どのような動きを見せるのかは明らかにされていません。

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」は米国で3月31日に、日本で4月7日に劇場公開されます。

関連キーワード

実写 | 攻殻機動隊 | 映画 | ハリウッド | SF


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー