ニュース
» 2017年02月03日 17時30分 UPDATE

劉備・関羽・張飛が仲良く手すりをシェア 中国地下鉄の啓発広告がものすごく桃園の誓い

「我ら3人、同年同月同日に生まれずとも、願わくば同年同月同日に手すりを共有せん」

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「手すりは共有しましょう」と啓発する中国広州地下鉄の広告が、Twitterで注目を集めています。「三国志」の劉備・関羽・張飛が仲良く手すりをつかむイラストが、まるで物語序盤の名場面「桃園の誓い」のよう。この義兄弟がそう言うなら、ならわざるを得ないですね。


 この広告は、かつてITmediaで「アジアン・アイティー」を連載し、現在はアジアの経済系メディアに勤める山谷剛史さん(@YamayaT)が紹介したもの。劉備たちが義兄弟の契りを結んだ「桃園の誓い」がモチーフゆえ、「兄弟は独占しない」との文言が説得力抜群です。


広告 左から順に、張飛・劉備・関羽。この3人が持っていると、手すりの上方に青龍偃月刀(えんげつとう)や蛇矛(だぼう)の刃先が隠れているような気もする(画像提供:山谷剛史さん)

 「三国志」といえば、日本でもコーエーテクモゲームスのビジュアルが神奈川県の交通マナー啓発ポスターに用いられたり(関連記事)、日経新聞が横山光輝版をコラ画像風広告に使ったり(関連記事)といった前例があります。キャラクターがなじみ深く訴求しやすいのは、本場中国ならばなおさらのことなのかもしれません。


神奈川 2015年に話題となった神奈川の啓発ポスター

日経 日経新聞が2016年に公開した広告


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー