ニュース
» 2017年02月04日 17時45分 UPDATE

文房具をイメージした楽しいフードとドリンクがたくさん! ぺんてるの落書きカフェバーに行ってきた

店内壁も床も、天井以外ぜーんぶ落書きし放題!

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 文具メーカーのぺんてるによる、店内のものすべてに落書きできるカフェバー「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」が帰ってきた! 3回目となる今回は、2017年2月4日〜3月31日の期間限定でオープン。早速行ってきました!


画像画像 研究所をイメージした入口とDr.CANVAS

 入口からワクワク。日夜落書きを研究しているRAKUGAKI FACTORY感がすごく出ています。研究所のような雰囲気のディスプレイに興奮を高め、入店するとDr.CANVASが出迎えてくれました。白衣をまとったDr.CANVASは全身落書き可能! 2月4日、2月24日、3月22日、3月31日の限られた日だけDr.CANVASは現れます。出会えたら落書きしちゃおう!

文房具をイメージした大充実のメニュー


画像画像 ぺぺプレート・ルルプレート(ドリンク付)各1500円(税別)

 「落書きバー」という通り、メニューも個性なものばかり。こちらはぺんてる公式マスコットキャラクター、ぺぺトとルルをイメージした楽しいプレート。カレー、トリカラ、ぶぶあられコロッケ、カラフル野菜、ポップコーン、ひとくちケーキが入っています。俺たちの好きなものばっかり!


画像 ポスターカラードリンク 880円(税別) 修正液ソーダ880円(税別)

 絵の具や、文房具をモチーフとしたドリンクメニューも大充実! ポスターカラードリンクはパイナップルとオレンジのカクテルで、アルコール対応も可能。修正液ソーダにはナタデココが隠れています。


画像 RAKUGAKI カラフルたこ焼き 650円(税別)

 たこせんべいにカラフルソースでRAKGAKIを楽しめる一品。落書きバーのメニューは自分たちでひと工夫できるものばかり。メニューを一緒に作り上げる感が楽しいです。


画像 フレンチフライポテト パレットスタイル 550円(税別)

 ぺんてるの手にかかればフライドポテトだってこんなにカラフルになっちゃいます。水色のソースは味の想像ができなすぎていただいてみたんですが、ほのかに甘いような……謎の味でしたがおいしかったです。ぜひ食べてもらいたい。


画像 修正液でラクガキパンケーキ 700円(税別)

 パンケーキは修正液イメージのソースで落書きして楽しめるスタイル。パンケーキと修正液をコラボさせてみようって発想がまずすごい。大人も子どもも楽しめるメニューがたくさん!

カフェ内には遊べるコーナーも


画像画像 落書きを残してみたり、床にも書いてあったり

 落書きバーに来たら落書きしないと! ということで落書きを残してきました。今までは落書きのリフレッシュが追いつかず、書くところが埋まってしまうという事態が発生していたそうですが、今回はポリテックの協力によりすぐに新しい壁紙に変えられるような仕組みになったということです。壁紙はダンボールなのでペンの発色もとってもきれい。思う存分落書きできるぞー!


画像 文房具好きももちろん満足です

 店内に置いてある文房具は天井以外、机、壁、床、椅子、すべて使って試し書きができるっていうのもすごい。無理やり例えるなら、文房具店の試し書きの紙を巨大化して空間を作って、そのなかで文房具をイメージしたコラボメニューをいただける。そんな製品愛に満ちた空間でした。


画像画像 左から森田アルミ工業さん、タカラトミーさん、パインアメさんのアルファベットと、タカラトミーさんの謎のQRコード

 ちなみに、文房具コーナーに展示してあるアルファベットは、ぺんてるさんがTwitter上で仲良くしている企業アカウントさんのコラボ作品。タカラトミーさんの「T」には謎のQRコードが書いてあるのですが読み取ると……! 何が起こるのか、あなたの目で確かめてみてください。とりあえず言えることは、私は一体何を見せられたんだ……。


画像画像 巨大クレヨンで遊べる

 新入社員の「こういうものが欲しい」という声にこたえたというフォトスポット。巨大クレヨンを持って写真撮れるの楽しい。クレヨンに住む原住民に見つかったという設定。


画像画像 鏡を使って人の顔に落書き

 鏡を使ってアクリル板越しに落書きもできるよ! 画像加工アプリ「SNOW」みたいな落書きとのこと。


画像 期間中金曜・土曜はNIGHT RAKUGAKIが楽しめる

 さらに期間中の金曜土曜(2月17日を除く)はNIGHT RAKUGAKIも開催! ブラックライトで蛍光に光る落書きで、幻想的な雰囲気に様変わりします。さすがカフェバー。こんな大人の顔も持っていたとは……!


画像 店内イメージ(机やいすの配置など、変更になる可能性あり)

 そのほか、落書きトートバッグやチョコペン教室といった人気のワークショップも楽しめます(ワークショップは申し込みが必要)。ワークショップやその他のメニュー詳細については公式ショップをご覧ください。営業時間はカフェタイムが12時〜17時、バータイムが18時〜23時30分まで。お店は予約も可能となっています。

ちぷたそ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー