ニュース
» 2017年02月06日 15時45分 UPDATE

歌って踊れる萌えフィギュア、受注開始 消費者が考案した新規ロボットアイドルもオーダー可能

「嫁が踊る未来」がすぐそこに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ロボット開発企業のスピーシーズが開発した、“動く萌えフィギュア”を実現するプラットフォーム「Model MOFI7 Pro」(関連記事)。これを用いたロボットアイドル「高坂ここな」が、正式に販売されます。2月8日に98万円(税別)で受注を開始。同日から2月10日まで東京ビッグサイトで開催される「プレミアム・インセンティブショー」ではデビューイベントが行われます。


ここな フィギュアが生き生きと動きます

顔 おだんごヘアーがトレードマーク

 全身に34軸の関節を備えた、身長約45センチのフィギュア。モーターやCPUは台座に収納しており、各関節は支柱から伸びるワイヤーで動きます。このように駆動・制御系を外部に置くことで、フィギュアの軽量化や静音化を実現。一般的な二足歩行ロボットではできない繊細な表現を可能としています。


台座 背中を支える柱から伸びたワイヤーが各部を動かす

表現力 末端まで細やかに動かせます

 高坂ここなは、同社が立ち上げた「モーションフィギュアープロダクション」登録アイドル第1号としてリリースされます。同プロダクションは、ロボットアイドルの育成やイベントなどへの派遣を行うもの。消費者が希望する外観イメージをイラストや写真などで伝えれば、オーダーメイドのように新規ロボットアイドルを育成(製作)してくれます。なお、育成費用は300万円(税別)。デザインが版権物の場合は、著作権者の許可が必要となります。

 ファン投票などで支持の多いキャラクターを選び、ロボットアイドルを順次育成する計画も。クラウドファンディングで資金を調達し、支援者とのファンミーティングや一般イベントなどへ派遣するそうです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう