ニュース
» 2017年02月06日 16時15分 UPDATE

高橋留美子「犬夜叉」が舞台化 犬夜叉役の金爆・喜矢武は「ファンに叩かれないようにがんばります」とツイート

「喜矢武さん完成度たっけぇな」と好評の一方で「世界観は壊さないで欲しいなぁ」と心配の声も。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 高橋留美子さんの漫画「犬夜叉」が、4月に舞台として復活します。主人公・犬夜叉を演じるのは“金爆”ことゴールデンボンバーの喜矢武豊さん。喜矢武さんは「犬夜叉ファンに叩かれないようにがんばります」と、主演にかける意気込みをツイートしています。

舞台「犬夜叉」ポスタービジュアル

 漫画「犬夜叉」は1996年から2008年にかけ小学館「週刊少年サンデー」で連載された作品。その伝奇的な世界観と妖怪たちとの戦い、交錯する恋心などの描写が人気を呼び、2000年にはテレビアニメ化、劇場版アニメもこれまでに4作公開されています。

舞台「犬夜叉」漫画版ビジュアル

 犬夜叉以外のキャストには、ヒロイン・日暮かごめを乃木坂46の若月佑美さん、かつて犬夜叉を封印した巫女(みこ)・桔梗を同じく乃木坂46の伊藤純奈さん、犬夜叉の宿敵・奈落を俳優の木村了さんがそれぞれ演じます。その他、殺生丸役として佐奈宏紀さん、弥勒役として滝口幸広さん、楓役として野口かおるさん、和尚役として小林健一さんらの出演も決まっています。

舞台「犬夜叉」キャスト

 Twitterでは、「犬夜叉小さい頃見てた記憶あるから嬉しい」「犬夜叉!!好きなアニメで舞台!」といった喜びの声があがっています。中には、「小3の交換日記に『将来は、犬夜叉(人間)と結婚する!』って書いてたくらい好きやから複雑……」「誰がどの役でも結果良ければなんだけど世界観は壊さないで欲しいなぁ」など、実写化を不安に思うコメントも見られましたが、ポスタービジュアルにもなっている喜矢武さんについては、「完成度たっけぇな、おいいい!」「キャンさんのイケメン具合生かす犬夜叉かっこいい」「待って金爆の人、犬夜叉wwwでも似合ってるwwwww」と、高く評価する声が多数見られました。

 今回の舞台化を受け、原作の高橋さんは「舞台は大好きなので、どのように仕上がるかものすごく楽しみです」とコメントしています。公演は4月6〜15日の日程で東京・東品川の天王洲 銀河劇場で行われます。

(C)高橋留美子/小学館 (C)2017 ネルケプランニング/ユークリッド・エージェンシー/小学館

五月アメボシ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう