ニュース
» 2017年02月06日 22時30分 UPDATE

「てめーらがJASRACに歯向かうんじゃねーよ」 暴言に開き直り、JASRAC騙るTwitterアカウント 本部が「無関係」と明言

現在アカウントは削除済みです。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「JASRAC(日本音楽著作権協会)」のなりすましアカウントが2月5日に出現し、ネット民の間で話題となりました。なりすましアカウントは現在削除済み。JASRACは該当アカウントについて「無関係」だとしています。

「てめーらがJASRACに歯向かうんじゃねーよ」「この垢(アカウント)が偽物だとよくわかりまちたね」 大暴れの偽TwitterにJASRAC「無関係」と明言 なりすましアカウントのキャッシュページ

 なりすましアカウントは「@JASRAC_JP」という一見ホンモノのようなアカウント名で、2月5日未明に出現。当初こそ「多くの方々に著作権について知ってもらう」ためにアカウントを開設したと、公式情報を発信していくかのような姿勢を見せていましたが、同日の夕方には一時アカウントを閉鎖。その後アカウントを復活させると、「誹謗中傷などの不適切なリプライが多数確認された」ため、一度閉鎖をしたと説明。また、JASRACが公式媒体で同アカウントの存在を告知しない理由については「管理している部署がそれぞれ違う」ためであると取り繕っていました。

 ところが夜になり、あっさりと偽アカウントであると告白。なりすましではないかと指摘していた人らに対し、「この垢(アカウント)が偽物だとよくわかりまちたね」「てめーらがJASRACに歯向かうんじゃねーよ」「著作権使用料徴収はなんも問題ねーよ」などと、激しい口調でJASRACを擁護するかのような投稿を繰り返しました。

 JASRACは編集部の取材に対し、「『@JASRAC_JP』はJASRACと無関係」であると明言。JASRACは今後、SNSのさらなる活用を検討しているものの、現時点で公式運用しているのは、動画配信の告知に使用している「@nico_jasracshow」だけだとしました。

「てめーらがJASRACに歯向かうんじゃねーよ」「この垢(アカウント)が偽物だとよくわかりまちたね」 大暴れの偽TwitterにJASRAC「無関係」と明言

 JASRACを巡ってはここ数日、音楽教室から著作権料を徴収しようとする動き(関連記事)に対し、ネット上では風当たりが強い状況が続いていました。同アカウントはこうした状況を利用し、JASRACへの批判意見を増幅させるねらいがあった愉快犯と思われます。実際同アカウントには多数の罵詈雑言が寄せられており、中には公式アカウントと勘違いしたまま批判意見を投稿している人も複数見受けられました。

関連キーワード

JASRAC | なりすまし | Twitter


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう