ニュース
» 2017年02月07日 17時34分 UPDATE

「線路に布団が吹っ飛んできた」異例のアナウンス 湘南新宿ライン、支障物の影響で一時遅れ発生

どちらかというとマットレスのようなものだったとのこと。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 7日9時55分ごろにJR東日本・湘南新宿ラインの大宮駅〜浦和駅間で、線路内にマットレスのようなものが落ちてくる事象が発生しました。10時30分ごろには駅員が撤去しましたが、13時ごろまで一部列車に30分前後の遅れが生じるなど運転に影響を及ぼしました。

布団 マットレス 線路 吹っ飛ぶ布団 マットレス 線路 吹っ飛ぶ 現場では「布団が吹っ飛んできた」とアナウンスがなされたが、実際はマットレスのようなものだったとのこと

 JR東日本・大宮支社広報部は、線路内にマットレスが入ってきた理由は強風で吹き飛ばされたのではないかと推測。発生元についても特に分かっていません。Twitterでは湘南新宿ラインで「線路内に布団のようなものが落ちてきた」「強風で布団が吹っ飛んできた」というアナウンスがあったと報告が相次ぎ、支障物の珍しさから話題に。実際には布団よりはマットレスに近い素材だったといいます。

 春先は強風の日が多くなりますが、マットレスや布団はおろか、洗濯物が線路内に吹き飛ばされてくることは極めて稀(まれ)とのこと。持ち主に賠償金といった罰則が発生したケースは無いそうですが、沿線に住んでいる方々は注意しておくといいかもしれません。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう